1. 関西電力病院ホーム>
  2. 採用情報>
  3. 卒後臨床研修プログラム>
  4. 麻酔科

卒後臨床研修プログラム

麻酔科

基本的目標

  1. 臨床医に必要な基本的な知識、技術、態度を身につける。
  2. 麻酔科指導医、他診療科医師、看護師、技師などと協調、協力してチーム医療を実践する習慣を身に着ける。(緊急に救命処置が必要である心肺虚脱患者などに対し緊急処置が必要であることを遅滞なく認識でき、躊躇することなく他の上級医師、看護士などに応援を求めることができるようになること。)
  3. 患者ならびに家族が医療内容を正しく理解できるように説明し、信頼関係の上に立った医療を実践する習慣を身に着ける。
  4. 麻酔、周術期管理に対する理解を深める。

具体的な到達目標

  1. 手術患者の術前評価を行い、麻酔、術中管理計画の大要を立てることができる。
  2. 各種麻酔法の大要を患者に説明することができる。
  3. 全身麻酔薬、局所麻酔薬、筋弛緩薬、循環作動薬、呼吸作動薬などの正しい使用法を理解できる。
  4. 麻酔中、手術中の呼吸、循環管理法の大要を理解できる。
  5. 術前診察記録、術中麻酔記録、術後診察記録などを正しく記載できる。
  6. 以下の基本的手技を正しく行うことができる。
    • 麻酔器の使用
    • 生体監視装置を使用し、得られる情報を正しく理解すること
    • 末梢静脈路の確保
    • 静脈注射、輸液
    • 輸血
    • 気道の確保、下顎保持、エアウェイ挿入
    • 用手的人工呼吸
    • 気管内挿管
    • 人工呼吸器の使用
    • 動脈穿刺、動脈内カテーテル留置
    • 血球、血液ガス、血清電解質分析装置を使用し、得られる情報を正しく理解すること
    • 体液。電解質、酸塩基平衡異常の補正
    • くも膜下穿刺
  7. 以下の基本的手技を正しく行うことができる。
    • 全身麻酔 12例/月
    • 腰椎麻酔 2例/月