1. 関西電力病院ホーム>
  2. 採用情報>
  3. 卒後臨床研修プログラム>
  4. 研修プログラムの目的と特徴

採用情報

卒後臨床研修プログラム

研修プログラムの目的と特徴

ここ数年当院は大きな変化を経験しました。単なる企業付病院から脱却し、真に地域に貢献できる病院へと生まれ変わりました。その存在意義が大きくなるにつれ、病院スタッフのモチベーションはさらに上がって医療レベルの向上につながり、よい循環を続けています。さらに、初期臨床研修必修化に伴い、良医を育てるという社会貢献を目的にレジデント部が立ち上がりました。研修を円滑に進めるための院内調整のみならず、臨床講義を数多く行ない、直接の指導にも関わっています。教育を通して病院全体の活性化にも寄与しています。

当院レジデント教育のモットーは、『当たり前のことを当たり前にできる医師を育てる』です。『当たり前のこと』とは『各科共通項』、『医師としてのminimal requirement』です。将来何科に行ってもブレることのない、太い芯を持った医師になってもらえるよう、『当たり前』を意識して掘り下げ、徹底して指導することを心がけています。

当院の卒後臨床研修は、前期2年のジュニアレジデント (JR)と後期3年の特任医員(後期研修)に分かれています。JRの2年間は、厚生労働省の卒後研修プログラムに沿って幅広い臨床医としての基礎の習得に充てます。1年目は内科・救急・選択必修のローテート、2年目は地域医療を1ヶ月ローテートし、残り11ヶ月は自由に研修科を設定できます。相互評価システムの中で院内評価の高いレジデントはシニアレジデント(SR)としてさらに3年間の研修が可能で、各人の希望する専門科(ローテーション可)でさらなる研鑽を積んでいただくことができます。

診療時間のご案内

総合受付(診療のご予約)06-6458-5821

●外来受付時間診療日程

初診 平日 8:30〜11:30
8:30〜11:00
再診 平日 8:00〜
8:00〜

*再診の患者さまは予約時間までに受付して下さい。
*診察予約時間の変更は平日15:00~17:00の間にご連絡下さい。