1. 関西電力病院ホーム>
  2. 採用情報>
  3. 卒後臨床研修プログラム>
  4. 眼科

卒後臨床研修プログラム

眼科

一般目標

  1. 眼科の基本的診療をおこなう上で必要不可欠な知識・技能・態度を身につける。
  2. 眼科救急の一時的治療を自立して行える能力を身につける。
  3. 入院患者の診療、管理、治療が行える能力を身につける。
  4. 眼科専門医に必要な眼科の診断、治療に関する知識と技術を修得し、さらに最新かつ最高の診断・治療水準を獲得し、維持する。

具体的目標

  1. 患者の診察、各種検査法の修得
    • 病歴聴取
    • カルテの記載
    • 細隙燈顕微鏡検査
    • 眼圧測定
    • 眼底検査
    • 隅角鏡検査
    • 屈折検査法(視力測定)
    • 調節検査
    • 視野検査
    • 色覚検査
    • 眼位検査
    • 両眼視機能検査
    • 角膜曲率半径測定
    • 眼底写真撮影
    • 蛍光眼底造影検査
    • 前眼部写真撮影
    • 涙液分泌検査
    • 網膜電図検査
    • 超音波検査
    • 角膜内皮写真撮影
  2. 患者の管理
    • 術前術後の投薬、処置の指示
    • 各種薬物の使用法
    • 手術症例の全身管理(必要時は専門の診療科にコンサルト)
  3. 眼科的処置の修得
    • 点眼法
    • 洗眼法
    • 薬物の注射(結膜下注射、テノン嚢注射など)
    • 前房穿刺
    • 涙嚢洗浄、涙管ブジー
    • 睫毛抜去
    • 角膜異物除去
  4. 眼科手術の基本手技
    • 消毒法
    • 局所麻酔
    • 各種手術器械の使用法(手術用顕微鏡を含む)
    • 前眼部手術
    • 白内障手術
    • 緑内障手術
    • 網膜剥離復位術
    • 硝子体手術
    • レーザーを使用する手術(網膜レーザー凝固、レーザー虹彩切開術など)
    • その他の手術
  5. 眼鏡、コンタクトレンズの処方

専門領域の疾患

  1. 緑内障
  2. 網膜硝子体疾患(網膜剥離、糖尿病網膜症、黄斑疾患など)
  3. 白内障
  4. 小児眼科(弱視、斜視)
  5. ぶどう膜炎
  6. 神経眼科
  7. 角膜疾患

指導体制

研修医1名につき1名の指導医が配属され指導にあたる。研修医は指導医とともに入院患者の受持医になり、指導医の下に診療、手術介助、手術を行う。外来においては指導医の下に外来患者診療の訓練をうける。