1. 関西電力病院ホーム>
  2. 採用情報>
  3. 卒後臨床研修プログラム>
  4. 耳鼻咽喉科

卒後臨床研修プログラム

耳鼻咽喉科

一般目標

一般臨床に応用できることを目標に、

  1. 診断、治療の基礎的な知識を身につける。
  2. 基本的な外来手技を修得する。

具体的目標

  1. 正しい病歴聴取、physical examination ができる。
  2. 耳鏡、鼻鏡、間接喉頭鏡、内視鏡による視診ができる。
  3. 聴力検査の基本を修得する。
  4. 簡単な平衡機能検査ができる。
  5. 耳鼻咽喉科領域の画像診断ができる。
  6. 鼻出血の基本的な止血処置ができる。
  7. めまいの診断と応急処置ができる。

専門領域の疾患

  1. 急性上気道炎、中耳炎
  2. アレルギー性鼻炎
  3. 鼻出血
  4. めまい
  5. 腫瘍性疾患

指導体制

研修医は指導医の元で外来診療にあたる。入院患者の受持医として、各種検査、手術の介助を行う。