1. 関西電力病院ホーム>
  2. 採用情報>
  3. シニアレジデント(後期研修) 研修プログラム>
  4. 救急集中治療科シニアレジデント

救急集中治療科後期研修医詳細プログラム

救急集中治療科シニアレジデント

あなたは 人めの訪問者です。

関西電力病院では、主に救急診療を行う救急総合診療科と主にICU管理を行う救急集中治療科を併せて救急集中治療センターとして、重症救急患者を受け入れる診療体制としています。

―ICUでの診療対象は重症救急患者と大手術後患者が中心です―

当院の集中治療室(以下ICUと呼びます。)は厚生労働省認可のICU(6床)で、いわゆるsemi-closed ICUです。ICU専従医が主に全身管理を担当し、各専門科の担当医(主治医)とともに診療にあたっています。

上述のように、救急集中治療センターとして重症救急患者を受け入れるだけでなく、心臓血管外科の待機手術後症例や緊急手術も待機手術も含めた脳神経外科術後、外科大手術後などの外科系大手術後症例、院内入院中の重症症例で集学的治療を要する症例など、収容される症例は多岐にわたります。

―専門医取得に必要な症例を経験できます―

当院は、日本集中治療医学会の専門医研修施設に認定されており、その認定に必要な症例も専門医取得に必要な症例も十分に経験できます。

―小規模のICUだからこそ出来るきめ細かい診療の実践!―

当院ICUは6床のみです。昨今、問題となっているPICS対策として、理学療法士が半日常駐することで早期リハビリテーションに取り組むなど、一人ひとりの患者さまに対して、全スタッフによりきめ細かい濃厚な医療を提供しています。当院ICUで研修する際には、ICUに入室された全ての患者さまに、いわゆる全人的な医療を行うことが可能です。この点が、大規模なICUとの大きな差だと考えています。

集中治療専門医の取得を目指す方は是非一度見学に来てください。より高いレベルの診療を行うためにも、若い多くのスタッフを常に募集しています。

救急集中治療科の後期研修で学んでいただくこと

―総合医の育成を目指します―

当院、救急集中治療科では、後期研修医の先生方に各種ガイドラインに則った治療、理論・根拠に基づいた最新の治療を実践する事を学んで頂くだけが研修の目標と思っておりません。軽症から重症まで幅広い臨床症例を経験していただく中で、総合医となるために以下の4点を研修していただきたいと思っております。

  1. 自らの知識、技術を高めていただく。
    先ずは、集中治療医としての、specialityを高めましょう。重症度の高い救急患者の管理を学び、全体を通じてプライマリケア能力を高めることを目標とします(下記「一般目標」、「行動目標」を参照してください。)集中治療専門医を目指しましょう。
  2. 初期研修医を指導していただく。
    人を教えるためには、自らが十分理解していないといけません。後輩初期研修医を教育することで、(1)の研修をより十分なものとすることが出来るでしょう。また、人からの質問には、自分が考えもしなかったような発想の質問があります。そのような質問を受けることは、自然と自分の知見を高めていくことになると思います。
  3. 臨床研究をしましょう。
    これまで当たり前のように行われてきた診療や論文として紹介されている治療方法にも、実はエビデンスレベルの低いものや再検討すると間違っているものもあります。更に、日常の診療の中でももっと工夫した方がより良い結果が得られるものがあります。日頃から、何でも自分の目で確かめるようにしましょう。そして、研究を通して新しく得られた知見を学会発表や論文掲載していきましょう。
  4. コミュニケーション能力を身につけましょう。
    当院でのICU診療は、院内それぞれの専門科の協力を必要とします。それだけでなく、診療にあたっては院内の他部門(看護師、薬剤師、放射線技師、理学療法士、臨床工学士、管理栄養士等)の職員の協力が必要です。それぞれの専門家の知識および技術を全て有するスーパースターのような医師はあり得ません。それぞれの専門科と良好な関係を構築するコミュニケーション能力が医師には必要です。勿論、時には議論してお互いに知見を高めていくことも必要です。このような上手なコミュニケーションをとる能力が、特に集中治療医には必要です。

以上のような研修に加えて、subspeciality習得のために、麻酔科、内科各専門科などのローテ−ションも相談に応じます。

日本集中治療医学会教育プログラム作成ワーキンググループ委員会および全国国公立大学病院集中治療部協議会集中治療教育プログラム改訂委員会による「日本集中治療医学会による集中治療教育プログラム、全国国公立大学病院集中治療部協議会による集中治療教育プログラム 第2版」に基づいて、以下のような行動目標を達成する。

一般目標:

院外・院内救急症例、大手術後症例の診察、観察、病態把握、治療を各専門領域の医師やコメディカルと協力して行えるようになるために、幅広い知識、技術、協調性を身に付ける。

行動目標:
  1. 身体の生理(形態、機能)を理解して、的確な身体所見を得られる。
  2. 補助診断法としての検査(血液、放射線、生理等)の意味、適応について理解し、正しく評価できる。
  3. 1)、2)の所見に加えて、必要時には各専門領域の医師、コメディカルと連携をとって、正しい診断、病態の把握ができる。
  4. 各種疾患の病態生理を正しく理解する。
    特に上記集中治療教育プログラムに記載されている疾患に加えて、下記の病態についても理解する
    (ア)大手術後(イ)救急蘇生後
  5. 各種ガイドラインを含めたエビデンスに基づいた治療を行える。
  6. 治療法だけでなく手技についても、知識として正しく理解し、診療の場で実践できる。また、その目的、方法、合併症と合併症に対する対策を正しく理解し、患者さまやそのご家族に対して説明して実施できる。
  7. 集中治療はチーム医療であることを認識し、常にカンファレンスに参加して治療方針について討論できる。
  8. 専門医資格の取得
     日本集中治療医学会の集中治療専門医研修施設に認定されています。当院の他の診療科で基本領域の専門医取得後に集中治療専門医を取得することも可能です。
プログラム:

【研修期間】
原則として、日本集中治療医学会の集中治療専門医取得を目標とするため、下記のように研修期間を分類します。

①日本麻酔科学会専門医、日本救急医学会専門医等日本集中治療医学会が指定する学会の専門医を未取得の場合

研修期間を5年とします。この内、最初の3年間は日本集中治療医学会が指定する学会の専門医の取得を目標に、院内各診療科の研修プログラムに沿って研修していただきます。

②日本麻酔科学会専門医、日本救急医学会専門医等日本集中治療医学会が指定する学会の専門医を取得後の場合

研修期間を3年とします。その内、1年次にICU研修を行います。2年次以降にER研修や麻酔科研修など、希望に応じて救急集中治療科以外の診療科での短期研修も可能です(応相談)。
また、①、②ともに日本集中治療医学会の集中治療専門医取得にあたり、当院では十分な経験が困難と思われる「多発外傷」、「広範囲熱傷」、「小児」、「移植レシピエント」等の管理を経験するために、6ヶ月―1年間大阪市立総合医療センターまたは兵庫医科大学のICUで研修していただきます(①の場合は5年次、②の場合は3年次。)。

③院内の他の診療科に属する特任医師の方の3-6ヶ月間のICU研修も希望に応じてお受けいたします。

【達成目標】
達成目標の基準を以下の5段階とします。全ての知識、技術等に関して、研修期間が残り2年となる時点までに「4」、残り1年となる時点までに「5」を目指します。
5:自分自身で行うにあたって、患者本人、家族や他科の医師に対して納得のいく説明が出来る。
4:下級医師に対して自信を持って指導できる。また、質問に答える事が出来る。
3:自信をもって、自分自身で出来る。
2:ほとんど自分自身で出来るが、時々上級医の助言、指導を必要とする。
1:上級医師の指導下でないと、自分自身で行なうには少々不安がある。

研修初期にはICUにおける患者様の診察の仕方(診察ポイント)を修得し(step1)、その後病態の把握(アセスメント)が出来るようにします(step2)。そして研修後期には診療計画を立てられるようにします(step3)。どの時点で次のstepに進むかは、各医師の技量に応じて判断します。

指導医の紹介

関西電力病院 救急集中治療科 部長 端野琢哉
職歴 1987年 大阪市立大学医学部卒業
1987~1989年 大阪市立大学医学部附属病院麻酔科研修医、研究医
1989~1991年 大阪労災病院 麻酔科
1991~2011年 淀川キリスト教病院 麻酔科
2003年 同麻酔科 副部長
2006年 同集中治療科 部長
2010年 同総合診療部門
(救急診療科、集中治療科、総合内科)統括責任者
2011~2012年 関西電力病院 救急集中治療部 部長
2012~2014年 関西電力病院 救急集中治療・総合診療科 部長
2014年~ 関西電力病院 救急集中治療センター 救急集中治療科 部長
資格

日本集中治療医学会専門医・評議員
日本救急医学会専門医
日本麻酔科学会専門医・指導医
日本救急医会ICLSコースディレクター

関西電力病院 救急集中治療科 医長 小山英彦
職歴 2005年 奈良県立医科大学卒業
2005~2007年 大阪警察病院  研修医
2007~2010年 淀川キリスト教病院  小児科専攻医
2010~2014年 大阪警察病院 麻酔科
2014~2016年 大阪府立母子保健総合医療センター 集中治療科
2016年~ 関西電力病院 救急集中治療科 医長
関西電力病院 救急集中治療科 医員 矢部光一郎
職歴 2009年 岡山大学医学部卒業
2009~2011年 岡山中央病院  研修医
2011~2012年 岡山中央病院  救急科 レジデント
2012~2014年 大阪府済生会千里病院 千里救命救急センター レジデント
2014年~ 関西電力病院 救急集中治療科 医員

2016年度診療統計

入室患者数:561人
平均在室日数:3.49日
平均年齢:67.22歳
男女比:男359人、女202人