1. 関西電力病院ホーム>
  2. 採用情報>
  3. 新専門医制度プログラムについて>
  4. 救急総合診療科

採用情報

新内科専門医制度プログラム

救急総合診療科

特徴

  • 二次救急告示医療機関(北米ER型)および災害協力施設認定より、急性期医療(特に特定機能別疾患対応医療施設として)、重症疾患のみでなく全ての疾患において、時間内外問わず受け入れを積極的に行っている。
  • ER専従医師が初期診療をおこない、専門科協力のもと疾患に応じた最善の診療を行っている。

スタッフ

院長代理
救急集中治療センター長
滝 吉郎
所属学会
資格
  • 京都大学医学部 臨床教授
  • 日本外科学会(専門医・指導医・代議員)
  • 日本消化器外科学会指導医
  • 日本肝胆膵外科学会評議員
  • 日本病態栄養学会評議員
  • 近畿外科学会評議員
  • 日本内視鏡外科学会
専門領域
  • 救急診療
  • 外科一般
  • 肝胆外科
部長 野村 文彦
所属学会
資格
  • 日本救急医学会専門医
  • 日本外傷学会
  • 大阪市メディカル協議会幹事
  • 日本集中治療医学会
  • 日本感染症学会
専門領域
  • 救急診療
  • 災害
  • 集中治療
医員 藤原 周一
所属学会
資格
  • 日本内科学会
  • 日本救急医学会
  • 日本集中治療医学会
  • 日本糖尿病学会専門医
  • 日本内分泌学会
専門領域
  • 救急診療
  • 集中治療
  • 総合内科
医員 山下 賢樹
所属学会
資格
  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本救急医学会
専門領域
  • 救急診療
  • 集中治療
  • 総合内科

学会施設認定

  • 日本救急医学会専門医指定施設

研修内容

  • 指導医・上級医による指導をうけながら、総合内科的視点を持ったSubspecialistおよび総合内科(Generality)として医師像の確立、また地域医療における内科領域の診療対応、病院前救急搬送等考慮に入れたメディカルコントロール対応等を理解し学ぶ。
  • 救急現場においては特に医療資源の活用が重視されるため、他の診療科や医療職種と連携・協力し良好なコミュニケーションのもとで診療を勧めるチーム医療が理解できるとともに、リーダーシップが取れるよう実践の場で指導医とともに学ぶ。
  • 救急における様々な傷病に対して緊急度・重症度を的確に判断し、適切な初期診療を行い、また複数患者の初期診療に同時に対応でき、優先度を判断出来る。
  • 救急患者の受け入れや診療に際して倫理的配慮を行える。
  • 救急患者や診療に従事する医療者の安全を適切にアセスメントし、安全確保できる。
  • 希望者には、高次救命救急センターへの研修等対応可能である。

メッセージ

救急医療体制においては、傷病者はいつでも・どこでも・だれでも適切な救急医療が受けられるべきであります。

医師として、救急診療において全ての病態を熟知し、重症度や緊急度に応じた①診断診療(主症候の原因疾患発見、鑑別診断、病歴・理学所見・検査結果からの除外、選択を行い、原因を検索)②初期治療(必要な治療と入院患者に対しての専門科対応までの全身管理)③advanced triageを修得すべきであると思います。これらを経験し救急総合内科診療を修得することで、今後specialist でありgeneralistの医師像を学んで頂けることを期待しています。

診療時間のご案内

総合受付(診療のご予約)06-6458-5821

●外来受付時間診療日程

初診 平日 8:30〜11:30
8:30〜11:00
再診 平日 8:00〜
8:00〜

*再診の患者さまは予約時間までに受付して下さい。
*診察予約時間の変更は平日15:00~17:00の間にご連絡下さい。