1. 関西電力病院ホーム>
  2. 採用情報>
  3. 新専門医制度プログラムについて>
  4. 腎臓内科

採用情報

特徴

腎炎から移植までをモットーに、幅広く腎臓内科としての診療を行っております。(領域:腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、急性腎障害、保存期慢性腎不全、水電解質異常、血液透析、腹膜透析、腎移植、膠原病)腎生検は年間約50例以上行っており、腎炎・ネフローゼ症候群の診断・治療を行っています。6床の入院透析患者用の透析室(血液浄化センター)があり、合併症入院患者の透析管理やアフェレーシス治療も行っています。また透析患者のアクセストラブルにも腎臓内科が対応しており、内シャント手術・インターベンション治療も行っています。腹膜透析についても導入・管理のみならず、腹膜透析関連手術(カテーテル留置・位置整復術など)も腎臓内科で行っています。数は少ないものの、当院では生体腎移植も行っています。

スタッフ

部長 古宮 俊幸
所属学会
資格
  • 日本腎臓学会評議員・指導医・専門医
  • 日本透析医学会指導医・専門医
  • 日本リウマチ学会専門医
専門領域
  • 腎病理
  • 腎移植

平成30年度には増員予定です。

所属学会

  • 日本腎臓学会研修施設
  • 日本透析学会認定施設
  • リウマチ学会教育施設

研修内容

<研修内容>
  • 尿所見の診方を理解する(担当患者の尿沈渣を実際に直接検鏡)。
  • 内科研修カリキュラムを網羅できるよう、腎炎・ネフローゼ症候群・糖尿病性腎症・保存期慢性腎不全などの症例を担当し、診断・治療・管理について学ぶ。
  • 水電解質異常の病態生理を理解し、診断・治療が行えるようになる。
  • 維持透析患者の管理ができるようになる。
  • 当科は膠原病患者様も入院するため、ステロイド治療及びその副作用対策についても学ぶ。
  • 腎生検について、実際に行うところや病理組織のカンファレンスなどに参加する。
  • 内シャント手術・バスキュラーアクセスインターベンション治療・腹膜透析カテーテル留置術等にも参加していただきます。
<専門医研修>

当院の内科専門医研修では、将来腎臓内科を希望する人に、以下のようなカリキュラムを用意しています。

1年目:腎臓内科を数ヶ月まわった後、他内科のローテーション研修を行い、内科専門医取得のための幅広い内科症例を経験していただきます。

2年目~3年目:腎臓内科の専門的研修に入るとともに、他不足している内科研修があれば、各人の希望に応じて研修していただけます。また、守口敬仁会病院、北野病院、県立尼崎病院、神戸中央市民病院、大阪日赤病院などの病院に半年~1年ローテーションしていただきます。(どの病院も腎臓内科・透析が充実した病院ばかりです)

更に細かいカリキュラムは、今後順次整っていく予定です。

当院で3年間研修を行うことにより、腎炎から透析・移植まで幅広く経験・研修することが可能です。

メッセージ

腎臓は将来どの科を専攻しても、重要になってきます。当科で研修している間に、内科医として知っておくべき腎臓・体液管理について、内科研修カリキュラムを越えて深く学んでいただけることを期待しています。

診療時間のご案内

総合受付(診療のご予約)06-6458-5821

●外来受付時間診療日程

初診 平日 8:30~11:30
8:30~11:00
再診 平日 8:00~
8:00~

*再診の患者さまは予約時間までに受付して下さい。
*診察予約時間の変更は平日15:00~17:00の間にご連絡下さい。