平成27年度 関西電力病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 33 103 289 438 805 1346 2294 2724 1504 156
当院は、「地域医療への貢献」を目標に掲げ、質の高い医療を幅の広い年齢層の患者様に提供を行っております。
全体的に見ると、地域における少子高齢化の影響、特に当院は小児科・産科を標榜していない影響もあるかと考えますが、全体の約70%を60才以上の患者様で占めております。
当院では、糖尿病を中心とする生活習慣病と脳・心血管障害治療・がん・機能再生医療・救急医療を重点項目に掲げて、地域住民の皆様に貢献すべく診療にあたっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050XX99100X 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし  284 3.7 3.1 0.35% 68.1
050050XX0200XX 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1、2あり 手術・処置等2なし 228 4.2 4.9 0% 70.0
050050XX99200X 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 102 3.1 3.2 0% 70.0
当診療科では心臓血管外科とともに心臓血管センターとして、「心臓血管疾患の患者救命のために、安全で質の高い医療を提供する」ことを掲げ、24時間、常時均質な医療を提供すること、そして院内・院外の救急患者をスムーズに受け入れることなどを具体的目標にしています。
緊急心臓カテーテル検査は24時間実施しており、その場で冠動脈カテーテル治療を行いCCUに収容。狭心症に対しても冠動脈ステントを用いて積極的に治療しています。
慢性期には長期的な予後改善をめざした内科的治療を推進。腎不全を伴った重症の心不全症例には持続血液濾過透析(CHDF)の短期併用を積極的に施行し、心原性ショックには大動脈バルーンパンピング(IABP)や経皮的人工心肺補助装置(PCPS)を併用し、劇症型心筋炎や重症肺塞栓などの治療も行っています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100XX99XXXX 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 561 1.2 2.9 0% 67.4
060035XX99X00X 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 74 3.5 7.0 0% 71.0
060050XX0300XX 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 57 10.9 9.0 0% 73.7
当診療科では消化管・肝胆膵疾患に対し幅広く対応を行っています。
特に消化管の悪性腫瘍に対する内視鏡治療、肝悪性疾患に対するラジオ波焼灼術、胆道疾患に対する内視鏡治療、進行癌に対する化学療法に力を入れております。
小腸大腸の良性腫瘍の大部分が大腸ポリープであり、内視鏡切除した場合は、ほとんど日帰りか1泊2日の入院となります。
結腸の悪性腫瘍(手術なし)は早期の大腸・直腸癌であり、内視鏡的粘膜切除術や内視鏡的粘膜下層剥離術にて治療を行い、1週間以内の入院となります。
肝・肝内胆管の悪性腫瘍のほとんどが肝細胞癌と一部転移性肝癌です。MRIで早期に発見し、virtual sonographyを用いた経皮的なラジオ波焼灼療法にて局所根治に努め、できるだけ短期入院になるよう努めております。
糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070XXXXXXXX 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)  406 11.7 15.4 0% 61.7
100060XXXXXXXX 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)  30 10.5 14.3 0% 52.7
100180XX99000X 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし   19 4.0 6.6 0% 57.0
当診療科の入院で最も多いのは、2型糖尿病の教育ならびに合併症検査の入院です。
入院中に多職種によるミーティングを行い、多方面からの患者教育や最適な治療法を探索し、決定することが目的です。また外科、眼科など他診療科で手術をする前に、入院にて血糖コントロールを行う場合もあります。
症例数が2番目に多いのは1型糖尿病の強化インスリン治療の導入や持続血糖モニター(CGM)を用いた検査および治療の入院です。
当診療科では、糖尿病の治療の他にも下垂体、副腎、甲状腺などの内分泌疾患の検査と治療を脳神経外科、泌尿器科、耳鼻咽喉科など他診療科と連携しながら行っています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030XX99X40X 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病なし 37 21.4 17.7 0% 61.0
130070XX97X1XX 白血球疾患(その他) 手術あり 手術・処置等2あり  34 71.8 50.0 8.82% 67.4
130060XX99X4XX 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等2 4あり 16 10.9 11.2 0% 79.4
社会の高齢化に伴い悪性リンパ腫、骨髄異形性症候群、多発性骨髄腫といった疾患は全国的に増加傾向で、高齢で全身状態の悪い患者様の転院依頼を積極的に受け入れている当診療科においても入院の上位を占めます。
造血器疾患が主であるため、好中球減少による免疫低下による敗血症や肺炎の患者様の入院も多くなっています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280XX99000X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 31 12.2 13.6 3.23% 72.1
110280XX991X0X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 定義副傷病なし  27 9.4 7.5 0% 55.5
070560XX99X0XX 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし - - 18.2 - -
当診療科では、慢性腎不全の教育入院や、腎炎・ネフローゼ症候群の腎生検・治療目的入院が主体と
なっております。
全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患については、当診療科でリウマチ膠原病の診療(特に腎疾患合併)も行っており、全身性エリテマトーデスやANCA関連血管炎などの治療も行っているためです。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010160XX99X10X パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2あり 定義副傷病なし 37 16.2 21.5 0% 76.3
010110XXXXX40X 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2 4あり 定義副傷病なし   35 30.0 19.9 0% 55.3
010060X099000X 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 31 15.9 15.8 0% 66.6
当診療科ではパーキンソン病の患者さんが最も多くなっています。パーキンソン病は加齢により発症が増えるため、高齢者増加による患者数増加が入院患者数の増加に関係していると思われます。また、疾患の進行により外来での薬剤調整が困難となることも入院患者数の増加に関係していると思われます。
当診療科の特徴として、末梢神経障害、特に、ギラン・バレー症候群や慢性炎症性脱髄性多発神経炎などの炎症性末梢神経障害の患者さんが数多く入院されます。慢性炎症性脱髄性多発神経炎では症状再燃に伴う治療目的に年に複数回入院することもあります。
また、発症件数の多い脳梗塞の患者さんも多数来院されます。ラクナ梗塞、BAD、主幹動脈の血栓症、心原性脳塞栓症などのさまざまなタイプを認めます。早期発症でtPA対象となる患者さんも来院されます。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080X099X0XX 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 79 10.7 14.3 1.27% 69.8
040040XX99100X 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし     45 2.4 3.3 0% 69.2
040110XXXXX0XX 間質性肺炎 手術・処置等2なし  32 15.6 20.6 0% 69.7
当診療科では肺炎治療をはじめとする呼吸器感染症を最も多く取り扱っています。
肺癌は、クリニカルパスを用いた入院での気管支鏡検査などで診断し、進行肺癌に対する化学療法導入時は腫瘍内科と連携して入院対応を行っています。
間質性肺炎は、気管支鏡検査(気管支肺胞洗浄・経気管支肺生検)や外科的肺生検で診断し、抗線維化薬導入時や急性増悪時に入院を行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335XX0200XX 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 45 8.4 7.8 0% 55.4
060150XX03XX0X 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 定義副傷病なし 36 6.5 5.6 0% 39.0
060035XX0100XX 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 26 19.4 17.4 3.85% 74.2
消化器外科では消化器内科とともに消化器センターとして診療・治療にあたっており、休日・夜間を通じて専門的治療の提供に努めています。
扱っている疾患は、食道がん、胃がん、大腸がん、膵臓がん、肝臓がん、神経内分泌腫瘍など悪性腫瘍や胆嚢結石症、急性虫垂炎、鼠径ヘルニア(脱腸)、痔核・痔瘻などです。積極的に緊急・救急患者の受け入れを行っており、緊急処置を必要とすることの多い胆嚢炎と急性虫垂炎が患者数の上位1,2となっています。
一方、悪性腫瘍の治療に関しては消化器内科、腫瘍内科、放射線科、緩和診療科とともに定期的なカンファレンスを行い一貫した治療を提供しており、患者数も増加しています。そのような中、消化器がんの中で最も多い大腸がんが患者数の上位に入っています。他の消化器がんの患者さんについても増えています。
また、当診療科では神経内分泌腫瘍の専門的治療を行っています。神経内分泌腫瘍は稀な疾患ですが、全国の主要施設の一つとして多くの施設より紹介があり共同して診療にあたっています。

呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040XX97X0XX 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 46 16.6 13.0 0% 68.6
040040XX9904XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 4あり  35 15.4 13.4 0% 71.9
040200XX01X00X 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 18 8.8 9.7 0% 29.2
当診療科において、一番多く治療にあたっている疾病は肺癌です。
それ以外に転移性肺腫瘍、縦隔疾患、自然気胸、膿胸など幅広く胸部疾患全般の治療を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343XX01X0XX 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし 48 31.0 23.3 2.08% 69.9
070470XX99X6XX 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2 6あり  39 2.0 2.9 0% 70.7
070230XX01XXXX 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等  36 34.4 27.2 0% 75.9
1つ目の診断群分類について、腰部脊柱管狭窄症に対して内視鏡を用いて最小侵襲に除圧を行っています。多椎間の場合は顕微鏡下で行っています。
2つ目の診断群分類について、多くのリウマチ患者様は外来で生物学的製剤を行っていますが、入院して快適な治療を希望される方には1泊入院で対応しています。
3つ目の診断群分類について、当診療科では最小侵襲手術に心がけ可能な患者様については片側だけの手術(主に内側)も行っています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230XX97X0XX 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 42 5.0 3.5 0% 62.9
160640XX01XXXX 外傷性切断 切断四肢再接合術   19 34.4 22.5 0% 48.8
180040XX97X0XX 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2なし  16 18.6 16.5 0% 48.4
当診療科は主として、体表面とそれに近い組織、器官の先天異常、外傷、腫瘍などによる障害に対し、これを形態的のみならず、機能的にも可及的正常に再建す ることを目的としています。すなわち、外見、容貌を改善することが、患者さんの社会的適応、しいてはQOLの向上につながるということです。
特に近年は、 マイクロサージャリーの技術が発達し、従来の外科の概念を変えるような手術が可能となってきています。
当診療科の治療の特色としては、 顕微鏡下に血管や神経をつなぐマイクロサージャリーを用いた切断指肢の再接着、同じく、マイクロサージャリーの繊細さを生かした、整容的、機能的に満足できる眼瞼下垂の手術などを多く手がけています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060X099000X 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 29 32.4 15.8 20.69 69.6
160100XX99X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 27 19.1 7.5 14.81 56.0
010060X099030X 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病なし  25 25.2 18.1 12.00 70.8
当診療科では主に脳血管の障害、脳の外傷、脳腫瘍、水頭症の患者様を対象に診療しています。
一般的に脳梗塞(血行障害による脳損傷)や脳の外傷(怪我による脳損傷)の罹患率が高く、当院においてもこれらの患者様が多くなっています。
緊急入院を必要とする患者様が半数を超えており、いつでも速やかに対応できる体制を整えています。
脳保護や血行改善のための薬剤治療を行うほか、必要に応じて手術による治療を行っています。脳損傷に伴う機能障害を有する患者様が多く、早期からリハビリテーションを併用しています。
長期間のリハビリテーションが必要な場合は、回復期施設へ転院した上でリハビリテーションを継続していただきます。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070XX0200XX 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 61 6.6 7.6 0% 72.5
110080XX9903XX 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 3あり 33 5.3 4.3 0% 53.2
110420XX97XX0X 水腎症(その他) その他の手術あり 定義副傷病なし 29 4.0 5.5 0% 70.7
膀胱悪性腫瘍は2年以内の再発率が高く、経尿道的手術後抗がん剤膀胱注入療法を行っています。術後早期の退院を目指しています。
高齢の患者様の結石症例は増加傾向にあり、閉塞により重症感染症にいたる例もあります。早期の閉塞解除によって感染をコントロールするようにしています。
薬物治療で治療が困難な前立腺肥大症は経尿道的切除術をおこなっています。生食潅流を用いることで低ナトリウム血症などの合併症を予防します。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060XX01XXXX 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 23 12.0 10.2 0% 44.5
120220XX01XXXX 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 17 3.2 3.1 0% 46.8
120070XX02XXXX 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 - - 6.5 - -
当診療科では月経過多、月経痛、不正出血、下腹部の急激な痛みや違和感などの症状で来院される方が多く、原因として主なものは子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮頸部異形成(子宮頸癌になる前の状態)、子宮内膜ポリープ、卵巣嚢腫、子宮脱などが挙げられます。
これらの疾患に対して、日常生活の指導や薬を用いた治療から手術まで、症状の強さや患者様の生活形態・希望にあわせた幅広い治療を行うことを心がけています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020220XX97XXX0 緑内障 手術あり 片眼  15 10.7 9.6 0% 70.5
020200XX9710XX 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 12 5.6 8.0 0% 72.3
020200XX9700XX 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし  - - 7.9 - -
当診療科は、眼科領域のあらゆる疾患に対して、最新の検査機器を用いた正確な診断に基づく適切な治療(薬物、レーザー、手術)を行っています。
主な診療内容(外来および入院)は、網膜硝子体疾患(網膜剥離、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、加齢黄斑変性、黄斑円孔、黄斑上膜)の診断と治療、緑内障の診断と治療、白内障の手術治療です。
眼科の入院治療では白内障手術が最も多いのですが、DPC(診断群分類包括評価)の対象ではないため、上記の表には現れておりません。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030440XX01XXXX 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 188 12.8 10.1 0% 50.4
030350XXXXXXXX 慢性副鼻腔炎  90 7.2 7.8 0% 48.4
030428XXXXXXXX 突発性難聴  30 9.2 9.6 0% 57.6
手術が必要な中耳炎に対して積極的に鼓室形成術を行っていますが、重症度に応じて一期的手術、あるいは段階手術を適宜選択し行っています。一般的な顕微鏡手術に加え、低侵襲な内視鏡手術も行っています。
内服治療効果が不十分な慢性副鼻腔炎例は、内視鏡およびナビゲーションを併用した副鼻腔手術を行っており、必要に応じて鼻中隔矯正術や翼突管神経切除術なども同時に行っています。
重症の突発性難聴に対しては入院でステロイド点滴を行っており、また糖尿病などの併存症がある場合に該当科と連携して積極的に治療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 74 20 7 40 12 12 1 7
大腸癌 34 13 25 37 15 29 1 7
乳癌 12 20 - - - 23 1 7
肺癌 52 16 37 26 19 20 1 7
肝癌 25 19 - 14 - 68 2 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
10症例未満は「‐」で表記しておりますが、乳癌は比較的早期癌の患者様が多いことがわかります。
一方他の固形癌につきまして、胃癌は比較的早期の患者様もおられますが、進行癌の患者様が目立ちます。
「不明」とあるのは入院時には病期が不明であった患者様で、その後の検査等で病期が判明致します。
なお上記患者数につきまして、DPCのコーディングだけでは転移性の進行癌患者様が転移部位でコーディングされることが多く、Ⅳ期癌の正確な数字を表記するためにデータの見直しを行っております。
進行癌の患者様の場合は、特に同じ疾患で入退院を繰り返すことが多く、延べ人数が増えてしまうことになりますが、早期癌の患者様も検査入院とその後の治療のための入院で延べ人数が増えることになります。
胃癌・大腸癌・肺癌はそれぞれ年間100名程度の初発患者さまが来院し、当院は400床の病院ですが、多数の癌患者様が受診されております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 38 10.6 59.5
重症度 1 45 13.2 76.4
重症度 2 26 15.4 81.7
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
患者数が最も多いのは中等症(重症度1+重症度2)です。重症度が上がるにつれ平均年齢が上がり、平均在院日数が長くなることがわかります。
数値上は重症肺炎患者がないように見えますが、10症例未満については「-」で表記しており少なからず存在しております。
(参考:肺炎の重症度:0→軽症、1・2→中等症、3→重症、4・5→超重症)
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - 11 4.5 71.3 0%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 132 41.5 70.8 18.18%
その他 32 46.4 69.1 9.38%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 18 9.4 75.4 5.26%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
当院では神経内科と脳神経外科が協力して脳梗塞の治療に当たっています。脳梗塞関連で入院される患者様の大多数が「I63$」に分類されますが、この患者様は頭蓋内の血管が閉塞して脳の血行障害が生じた結果、脳の一部が損傷してしまうという、最も一般的な脳梗塞の患者様です。80%の患者様が発症3日以内の急性期に入院されており、発症早期から治療を受けておられます。治療は主に抗血栓薬や脳保護薬による薬剤治療を行いますが、必要に応じて血栓溶解治療や血栓回収治療、血行再建手術といった高度の専門性を必要とする治療を行います。ほとんどの患者様で運動障害や言語障害といった脳損傷に伴う機能障害が見られます。入院早期からリハビリテーションを行いますが、長期間のリハビリテーションを必要とする場合には、当院回復期リハビリテーション科と連携して継続的にリハビリテーションを受けていただきます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 225 2.1 3.7 0.89% 70.8
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 38 1.5 2.8 0% 73.1
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 28 1.0 5.0 0% 63.3
緊急心臓カテーテル検査を24時間対応しており、その場で冠動脈カテーテル治療を行いCCUに収容。狭心症に対しても冠動脈ステントを用いて積極的に治療しています。
また、不整脈診療ではカテーテルアブレーションによる最先端の心房細動治療やMRI対応のペースメーカ、心不全に対する両室ペーシングなどのデバイス治療、そして患者様の負担を軽減する遠隔モニタリングを行っています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 625 0.3 1.3 0% 66.3
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 53 1.0 7.4 0% 70.7
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内)(その他) 53 1.4 8.8 0% 75.4
内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(2cm未満)は大腸内視鏡施行時に、大腸ポリープや早期の大腸癌の基部に液体を局注し、スネアをかけて切除する方法で、ほとんどの方が日帰りか1泊2日の入院で施行しています。
また胃や十二指腸の早期癌や前癌病変は、フックナイフを用いた内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)で安全・確実に切除しています。入院期間は、1週間程度となります。
肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内)は、肝癌や肝転移に対して行っており、RVS(CT画像とエコー画像の同期)や造影エコーを駆使し、局所根治を目指します。入院期間は、1-2週間となります。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 17 3.3 4.9 0% 67.1
K610-3 内シャント設置術 14 6.1 10.6 0% 67.7
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
当診療科では透析患者様の合併症入院に関しても力を入れています。特に、内シャントトラブルには迅速に対応しており、シャント狭窄閉塞に対し、バスキュラーアクセスインターベンション治療を積極的に行っています。
また、透析導入患者の内シャント作成、透析患者のシャントトラブルに対する再建術も行っています。
また当院ではファーストPDDを推奨しており、腹膜透析カテーテル留置術も行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 69 1.5 6.9 0% 58.5
K6335 鼠径ヘルニア手術 48 1.4 3.4 0% 66.3
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 36 0.2 5.3 0% 39.0
手術別患者数では上位1番目、3番目が腹腔鏡下胆嚢摘出術と腹腔鏡下虫垂切除術です。診断群分類別患者数では急性胆嚢炎と急性虫垂炎が上位1,2を占めていますが、緊急患者を積極的に受け入れていることと、麻酔科の協力の下に積極的に腹腔鏡下手術を取り入れていることで、これら急性疾患の腹腔鏡下手術数が多くなっていると考えられます。
一方、部位別にみれば、大腸(結腸と直腸、虫垂は除く)の手術を胆嚢の手術の次に多く行っています。大腸の手術は多くの術式に分類されるため表には出てきませんが、これらの術式を併せて大腸全体で見れば手術数は2番目に多くなり、診断群部類別患者数の3番目が結腸がんであることと相関していると考えられます。
手術数全体の約80%を全身麻酔で行っていますが、全身麻酔手術のうちの約45%を腹腔鏡下に行っております。
良性疾患だけでなく、大腸がん、胃がん、食道がん、肝臓がんなどの悪性疾患に対しても適応を十分検討したうえで積極的に腹腔鏡下手術を行っています。

呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 25 3.0 12.5 0% 69.5
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 21 3.5 5.6 0% 32.3
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 10 2.7 11.6 0% 72.5
当診療科の最も大きな特徴として胸腔鏡手術の件数の多さがあげられます。
高齢者やハイリスク症例の1cm以下の小型肺癌では区域切除術を行うこともありますが、これらも完全鏡視下で行っています。
肺癌手術の80-90%は完全鏡視下で行っていますが、それに固執せず気管・気管支形成術や、周囲臓器の合併切除を伴う拡大手術、肺癌手術に先行して放射線及び化学療法を行う導入療法等も積極的に行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 人工関節置換術(膝) 39 1.3 31.4 0% 75.5
K1424 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(前方後方同時固定) 38 2.8 33.9 5.26% 70.7
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 36 1.9 21.9 0% 70.8
1番目の手術について、当診療科では最小侵襲手術に心がけ、可能な患者様には片側だけの手術(主に内側)も行っています。
2番目の手術について、変性側弯症、腰曲がりの患者様には出血量が少なく小侵襲なLIF法といって最小侵襲脊椎固定術(Mist)を行っています。
当診療科ではナビゲーション、術中神経モニター、正確に固定できるようO-armを使用しています。
3番目の手術について、腰部脊柱管狭窄症に対して内視鏡を用いて最小侵襲に除圧を行っています。多椎間の場合は顕微鏡下で行っています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0882 切断四肢再接合術(指) 48 0 34.7 0% 44.2
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 42 0.3 3.6 0% 62.9
K0463 骨折観血的手術(指) 13 0.3 23.8 0% 53.3
当診療科の手術の特色としては、 マイクロサージャリーの繊細さを生かした整容的、機能的に満足できる眼瞼下垂の手術や、実際に顕微鏡下に血管や神経をつなぐマイクロサージャリーを用いた切断指肢の再接着、手指の骨折手術などを多く手がけています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 27 0.8 9.1 18.52 75.2
k1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 10 10.2 58.0 10.0 55.6
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
当診療科で最も多い手術は慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。この手術は頭蓋骨と脳の間の空間に血液が貯まる慢性硬膜下血腫という疾患に対して行います。局所麻酔で頭皮を短く切開し、頭蓋骨に小孔を開けて内部の血液を洗浄除去します。
次に多い手術は脳腫瘍摘出術です。脳腫瘍の手術は一般に難易度の高い手術ですが、手術支援機器を使用しながら安全に手術を行うよう努めています。
脳動脈瘤頸部クリッピングはくも膜下出血の原因となる脳動脈瘤に対する手術です。脳動脈瘤から出血しないように脳動脈瘤への血行を遮断する処置を行います。この手術は既に出血した破裂脳動脈瘤の再出血を防ぐために行うほか、未破裂脳動脈瘤が将来出血しないように行うこともあります。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 77 1.2 5.3 0% 73.1
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 49 0.6 7.2 0% 69.2
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 25 3.9 13.1 0% 74.4
表在性膀胱癌の治療として経尿道的手術を行っています。再発予防のために抗がん剤膀胱注入を積極的に
行っています。
前立腺癌の根治治療として小線源前立腺挿入術を積極的に行っています。小線源治療の症例数は200例を
超えています。
結石や悪性疾患に起因する水腎症に対して尿管ステントを留置します。結石はその後体外衝撃波や手術で
破砕しています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 19 1.0 11.7 0% 47.8
K872-3 子宮内膜ポリープ切除術 13 1.3 1.0 0% 46.8
K861 子宮内膜掻爬術 13 1.0 1.0 0% 46.9
当診療科では子宮筋腫や子宮腺筋症に対して子宮全摘術を行う場合、子宮が大きすぎたり腹腔内に強い癒着があると推測されるときには開腹手術を行っています。経膣出産経験があって、子宮の大きさや癒着などの条件がクリアできれば痛みの少ない膣式手術や腹腔鏡補助下の膣式手術も行っています。
卵巣の良性腫瘍に対して腹腔鏡手術をする場合には一般的には数箇所の切開をして器具を挿入しますが、当診療科では一箇所の小切開からすべての器具を挿入する方法を第一選択としています。
子宮内膜ポリープ切除術や子宮内膜掻爬術(子宮内膜を掻き出す手術)は腰椎麻酔下に子宮鏡で観察しながら行っています。腰椎麻酔の場合には静脈からの注射で浅く眠りながら手術を受けることもできます。
すべての手術に対して十分に説明を行い、納得して手術を受けていただけるように心がけています。 
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 415 0.5 0.8 0% 74.4
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 21 0.7 4.6 0% 70.4
K2683 緑内障手術(濾過手術) 14 0.8 8.9 0% 70.3
白内障手術は、上記の表に掲載された単独での水晶体再建術以外に、硝子体手術や緑内障手術との同時手術も多数行っています。
硝子体手術は、増殖性硝子体網膜症手術や硝子体切除術も多数行っています。緑内障手術は、流出路再建術や緑内障治療用インプラント挿入術(プレートのないもの)も行っています。
また外来手術として、加齢黄斑変性・近視性脈絡膜新生血管・黄斑浮腫(糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症)に対する、抗血管新生薬硝子体注射を積極的に行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K319 鼓室形成手術 212 1.1 10.7 0% 50.5
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 73 1.2 5.2 0% 50.6
K344 経鼻腔的翼突管神経切除術 19 0.9 4.7 0% 44.6
手術が必要な中耳炎に対して積極的に鼓室形成術を行っていますが、重症度に応じて一期的手術、あるいは段階手術を適宜選択し行っています。
一般的な顕微鏡手術に加え、低侵襲な内視鏡手術も行っています。
内服治療効果が不十分な慢性副鼻腔炎例は、内視鏡およびナビゲーションを併用した副鼻腔手術を行っており、必要に応じて鼻中隔矯正術や翼突管神経切徐術なども同時に行っています。
その他
(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 16 0.17
180010 敗血症 同一 - -
異なる 24 0.25
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 49 0.51
異なる 13 0.13
○DPC
 14桁あるDPCコードのうち、前6桁で示されております。DPCコード6桁とは病名による分類を意味しております。
○播種性血管内凝固症候群
 感染症などによって起こる全身性の重症な病態です。
○敗血症
 感染症によって起こる全身性炎症反応の重症な病態です。
○真菌感染症
 真菌による感染症です。
○手術・処置などによる合併症
 手術や処置等で一定割合で発生してしまう病態です。術後出血や創部感染などが代表例です。
 合併症は術式や患者様に因らず一定の確率で起こりうるもので、医療ミスとは異なります。
○入院契機
入院契機(入院のきっかけ)病名が4つ疾患と「同一」か「異なる」かで集計を行っております。
 「同一」はある病気の診療目的で入院して、その病気の診療が主であったあったことを意味します。
 「異なる」はある病気の診療目的で入院したが、併存病名や入院中に発症した病名の治療が主になってしまったことを
 意味します。

播種性血管内症候群・敗血症は、入院契機と異なる病名の症例が多く、様々な要因から至ったものと思われます。
手術・術後の合併症では、入院契機の病名と同一の症例が多く、具体的には内視鏡でのポリープ切除後の出血や、他院から紹介の透析シャント閉塞などによるものです。
更新履歴
2016年9月29日
平成27年度版病院指標を公開しました。