1. 関西電力病院ホーム>
  2. 医療関係者さまへ>
  3. 部門紹介>
  4. 放射線部>
  5. 放射線治療部門

医療関係者さまへ

放射線部

放射線治療部門

放射線治療とは

放射線治療とは、放射線治療装置(当院ではリニアック装置)や放射性同位元素を用いて、放射線(X線、電子線、ガンマ線、ベータ線)を人体に照射し、悪性腫瘍などの根治、痛みなどの症状の緩和、再発予防などの治療を行うことです。当院では悪性腫瘍だけでなく、甲状腺眼症やケロイドなどの良性疾患に対する放射線治療にも取り組んでいます。

放射線治療部門の説明

放射線治療は、手術、化学療法と並んでがん治療の三本柱の一つとされています。当院では、放射線治療装置(リニアック)を用いて、病巣や再発を予防したい部位に体外からX線や電子線を照射する「体外照射」の他に、前立腺癌に対して密封した放射性同位元素を埋め込む「小線源治療」、甲状腺疾患や転移性骨腫瘍の治療目的で放射性物質を経口または経静脈で投与する「内用療法」も行っており、いずれも病院内からだけでなく、病院外からも治療依頼を受けています。

また、当院は大阪府がん診療拠点病院の認定施設として認定されています。

当院の放射線治療

体外照射

放射線治療科の初診に引き続いて、専用のCT治療計画装置(CTはSPECT/CTと兼用)を用い、病巣や再発を予防したい部分の三次元的な広がりを確認したり、他の検査画像や病巣の呼吸や消化管の嬬動などによる動きの可能性などを考慮して照射する範囲を決定します。一般的にはその翌日から週5回(月曜日から金曜日まで、総回数は治療目的などにより異なります)の治療を開始します。

1回の治療時間は3分程度ですが、入退室や位置合わせ等で10~15分位かかります。第1回目の治療時は照射位置の確認などのため少し時間がかかります。予約時間を細かく設定することで、ご希望の時刻に来院していただけるよう努めており、治療期間中も仕事を続けておられる方々のご好評をいただいています。

全身照射(Total Body Irradiation:TBI)

全身照射(以下、TBI)は造血幹細胞移植の前処置として行われています。TBIの目的は患者体内の腫瘍細胞を根絶させること、そして患者の免疫(リンパ球)を抑制し、ドナーの造血幹細胞が拒絶されるのを防ぐことです。

処置の概要として、TBIは言葉の通り全身に放射線を照射します。当院では治療直前に患者さまの体表面に半導体線量計を貼付け、体内に投与される線量をリアルタイムに計測することで、より安全な治療に努めています。 照射時間は1回につき50〜60分程度で、通常2回から6回行います。照射には長時間を要しますが、当院はTBI専用寝台を備えており、天井カメラで患者さまの様子を観察しています。またお手元には非常用ブザーをお渡ししています。

スタッフ一同、患者さまと常に必要なコミュニケーションをとれる状態を作り、安心して治療に臨んでいただけるよう配慮しています。

体幹部定位放射線治療(Stereotactic Body Radiation Therapy:SBRT)

体幹部定位放射線治療(以下、SBRT)は、肺や肝臓など体幹部の比較的小さな病変に対して、多方向から放射線を集中的に照射する方法です。治療期間を1週間程度と短くでき、従来法よりも有効な場合があるとされていますが、呼吸などによる病変の動きに対する配慮や大線量を照射するため、高度な技術が必要とされます。

当院では、近年の画像誘導放射線治療の技術を用いて、腫瘍の呼吸性移動を考慮した高精度な治療を行なっております。


SBRT時の体幹部固定の様子

画像誘導放射線治療(Image Guided Radiation Therapy:IGRT)

画像誘導放射線治療(以下、IGRT)は、近年急速に発展してきた位置照合技術の総称です。IGRTでは、治療の直前に治療寝台上で撮影した2次元平面画像や、コーンビームCTと呼ばれる3次元画像などを用いて、治療目的位置まで患者をミリメートル単位で誘導することが可能で、高精度放射線治療には欠かせません。

また、当院の治療装置にはELEKTA社のsymmetry(シンメトリー)を搭載しており、4次元のコーンビームCT撮影も可能で、呼吸性に動く腫瘍位置の確認や治療の安全性に役立てています。

小線源治療

当院では、前立腺癌の治療目的で密封した放射線同位元素を前立腺に挿入する治療を行っています。詳しくは泌尿器科のページをご参照下さい。

内用療法

当院では、甲状腺疾患に対する放射性ヨードの内服による治療と、癌の多発性骨転移による疼痛に対して放射性ストロンチウムの静注による治療を行っています。詳しくは放射線部、核医学(RI)部門のページをご覧下さい。

治療方法について

放射線治療専門医、看護師と共に、放射線治療とはどのようなものなのか、治療期間、日常生活の注意点、有害反応などの説明を行い、その内容を十分理解して頂いて同意を頂いてから治療を開始します。放射線で治療する範囲を正確に決めるために、CT装置で範囲の位置決め撮影をします。治療計画専用のコンピュータで適した治療の範囲、放射線の量、治療の期間を決定します。また、誤った照射がされないように照射に必要なデータをすべてコンピュータに登録して、治療のたびにそのデータと照合しています。マルチリーフコリメーター(コンピュータ制御の鉛製のブロック)で、病気以外の部分に放射線があたらないように精密に計算して照射しています。

放射線治療は、基本的に寝台の上に仰向けに寝て行います。疾患によっては、シェルと呼ばれる固定具を装着し、容易に動かないように制限されたりする場合もありますが、放射線治療による痛みや熱さ等を感じる事は全くありません。治療中に身体を動かすと、患部に十分な放射線があたらなかったり、まわりの正常部分に悪影響をおよぼす可能性がありますので、動かないように気を付けていてください。また、治療中は一人になりますがTVモニターにより操作室で見ていますのでご安心下さい。

機器の精度管理、品質管理について

高精度治療に必要不可欠なものは、使用する機器の特性、精度管理や品質管理です。医用電子加速装置の品質管理の実施は、装置の性能を維持し、安全かつ事故防止の目的で行われます。毎日の始業点検のほか、法定で定められた定期点検や保守点検などメーカーとの連携を行っています。機器導入時に各種測定機器も揃えられ、ビームデータ収集に使用する3D水ファントム、測定用の各種線量計、平面型と円柱型の半導体検出器、解析装置も揃えています。


ブルーファントム2

アークチェック

機器の紹介

当院ではELEKTA社製 リニアック装置 Synergy(Agility)を導入しました。近年の高精度治療に対応した機器で、通常の固定治療以外に、IMRTと呼ばれる強度変調治療を行うこともでき、さらに進化したVMATと呼ばれる回転しながらの強度変調治療を行うことにより、従来よりも治療時間が短く出来、治療中に長時間の静止しなければならない負担が改善されます。

Agilityとは、マルチリーフコリメータのことで、従来のものより高精度で高精細なものとなっております。Agilityの特長といたしまして、次の点が挙げられます。

  1. 最大照射野40cm×40cm
  2. アイソセンター面において5mm幅でインターデジテーション可能な160枚のリーフ
  3. リーフとダイナミックリーフガイドの統合型デジタルコントロール
  4. ルビコン光テクノロジーによる正確なリーフポジショニング
  5. 高速なリーフスピード
  6. 極めて低いリーフ透過率(0.5%以下)
  7. アイソセンターまで45cmという大きなクリアランス

ELEKTA社製 リニアック装置 Synergy

診療時間のご案内

総合受付(診療のご予約)06-6458-5821

●外来受付時間診療日程

初診 平日 8:30〜11:30
8:30〜11:00
再診 平日 8:00〜
8:00〜

*再診の患者さまは予約時間までに受付して下さい。
*診察予約時間の変更は平日15:00~17:00の間にご連絡下さい。