1. 関西電力病院ホーム>
  2. 医療関係者さまへ>
  3. 診療科紹介>
  4. 婦人科

医療関係者さまへ

当科の診療について

子宮頸癌およびその前癌状態である子宮頸部異形成が若年者の間で急激に増加しています。当科では早期発見のために定期的な細胞診に加え、HPVハイリスク群検査、コルポスコピー、生検、頸部(円錐)切除術への一連の流れを迅速に行うよう心がけています。

腹腔鏡下手術は子宮全摘術、付属器摘除術、付属器腫瘍摘除術に対して行っています。

高齢者の増加に伴い子宮脱の症例が増加してきました。予防的自己訓練法を指導するとともに、適切な大きさのリングペッサリーの装着や、カラーボールの挿入を行うことにより無症状で過ごせる患者様が多くおられます。排尿障害や歩行困難などの症状があり、手術が必要な場合には主として子宮脱根治術(膣式子宮全摘術+膣壁形成術+膀胱縫縮術+肛門挙筋縫合術)や中央膣閉鎖術、その他症状に応じた手術を行っています。 手術後の再発率は最近の15年間で1%程度です。

主な診療実績

平成26年度

項目 件数・率
子宮全摘術(複式・膣式) 52
腹腔鏡下手術 25
卵巣悪性腫瘍手術
子宮悪性腫瘍手術
婦人科悪性腫瘍への化学療法・放射線療法 11
付属器良性腫瘍に対する腹腔鏡下手術実施率 80%
子宮鏡検査・手術 25
子宮脱手術
子宮筋腫核出術
子宮頸部(円錐)切除術・レーザー照射術(上皮内がん・異形成) 26

診療時間のご案内

総合受付(診療のご予約)06-6458-5821

●外来受付時間診療日程

初診 平日 8:30〜11:30
8:30〜11:00
再診 平日 8:00〜
8:00〜

*再診の患者さまは予約時間までに受付して下さい。
*診察予約時間の変更は平日15:00~17:00の間にご連絡下さい。