1. 関西電力病院ホーム>
  2. 医療関係者さまへ>
  3. 診療科紹介>
  4. 婦人科

医療関係者さまへ

当科の診療について

                                    
  • 2017年4月に永野部長が着任し、婦人科腫瘍の治療を本格的に再開いたしました。
  •                  
  • 良性腫瘍に対する侵襲の少ない腹腔鏡手術は、すでに20年以上前(平成6年)から当院で行なわれてきており(卵巣腫瘍は出来る限り単孔式で、ひとつの傷のみ)、さらに子宮鏡手術を開始しています。
  •                  
  • 悪性腫瘍に対しては術前の組織診断をより厳密にレビューし、必要な場合には隣接する中之島クリニックでのPETも組み合わせて、進行期診断を正確に行うことに力を注いでいます。手術前の診断というものが、治療にとっては一番大事と考えているからです。手術も、当然ながらより低侵襲で身体に優しい術式を選択するように努力しています。
  •                  
  • 2017年11月からは、子宮頸癌に対するセンチネルリンパ節検索を開始します。これは永野部長が前任地の北野病院で確立した技術であり、出版もしております(子宮頸癌・体癌センチネルリンパ節生検入門講座 メディカ出版2016)。初期に近い子宮頸癌の手術においては、リンパ浮腫などの合併症軽減に極めて有用な方法です。子宮体癌では、まだセンチネルリンパ節だけを摘出することで安全かどうかのデータが十分ではないと考えています。しかしできるだけ創部を小さく低侵襲な手術にする努力は重ねています。
  •                  
  • 永野部長が近畿地方でもっとも多く手がけてきた、子宮頸癌に対するトラケレクトミーという子宮温存手術も施行しています。これにセンチネルリンパ節検索を加えることで、さらなる低侵襲手術が可能となります。
  •                  
  • 卵巣温存についても工夫をしています。腹腔鏡での卵巣の皮下への移動術も施行しています。
  •                  
  • 当院は、放射線科、腫瘍内科も充実しており、子宮頸癌に対する動注療法、術後の抗がん剤治療や放射線と抗がん剤の同時療法も、皆で情報共有、カンファレンスを行いながら良い治療法を探ってまいります。
  •                  
  • 疼痛を伴う病状のかたには緩和ケア科もありますので、しっかりとしたサポートがなされます。
  •                  
  • 入院が必要となれば不安なものですが、中之島の良い環境、静かな病院で、患者さまのアメニティーはかなり良好ですので安心して入院していただけます。
  •                  
  • 診療、治療に関するセカンドオピニオンにも対応していますので、希望される方は遠慮なくお申し出ください。

主な診療実績(2014年度)

名称 件数
子宮全摘術(複式・膣式)52
腹腔鏡下手術25
卵巣悪性腫瘍手術
子宮悪性腫瘍手術
婦人科悪性腫瘍への化学療法・放射線療法11
付属器良性腫瘍に対する腹腔鏡下手術実施率80%
子宮鏡検査・手術25
子宮脱手術
子宮筋腫核出術
子宮頸部(円錐)切除術・レーザー照射術(上皮内がん・異形成)26

診療目標(2017年度)

名称 件数
子宮全摘術(腹式・膣式)50
腹腔鏡下手術50
卵巣悪性腫瘍手術10
子宮悪性腫瘍手術30
婦人科悪性腫瘍への化学療法・放射線療法10
付属器良性腫瘍に対する腹腔鏡下手術実施率80%
子宮鏡下手術20
子宮下垂・子宮脱手術
子宮筋腫核出術10
子宮頸部切除術・LEEP(上皮内癌・異形成)20

診療時間のご案内

総合受付(診療のご予約)06-6458-5821

●外来受付時間診療日程

初診 平日 8:30〜11:30
8:30〜11:00
再診 平日 8:00〜
8:00〜

*再診の患者さまは予約時間までに受付して下さい。
*診察予約時間の変更は平日15:00~17:00の間にご連絡下さい。