1. 関西電力病院ホーム>
  2. 医療関係者さまへ>
  3. 診療科紹介>
  4. 緩和医療科

医療関係者さまへ

当科の診療について

緩和ケアとは、がんなどの生命をおびやかす病気のために、色々な問題に直面している患者さまや家族の方々を対象とし、痛みなどの身体的問題や心理社会的問題、さらにはスピリチュアルな問題に関して、対処したり予防したりすることで、療養生活の質を高めようとする治療です。(WHO, 2002年)

当院の緩和医療科には5床の入院ベッドがありますが、ホスピス病棟はありません。緩和医療科の入院では、症状のコントロールやターミナルケアなどを行っています。

外来では以下の諸問題に対応しますが、原則として紹介受診の形を取っていますので、まず主治医に受診の相談をしてください。他院からの患者さまも診察させて頂きますが、緩和ケア外来受診の際には紹介状をお持ちください。紹介状の無い場合には、月・金曜の午前11時までの受付で一般の初診扱いとなります。

  • 身体症状緩和:痛み、倦怠感、吐き気、便通異常、腹部膨満感、呼吸困難感、など。
  • 精神症状緩和:抑うつ、適応障害、不安、不眠、せん妄、など。
  • 社会的問題緩和:療養場所の紹介、在宅ケアの支援、介護保険の認定、など。
  • スピリチュアルケア:カウンセリング、ディグニティセラピー、コーピング支援、など。
  • メタストロン:骨転移に対する放射線内照射療法

ご説明

日本は世界一の長寿国ですが,同時にがん大国でもあり,日本人の2人に1人は一生涯の間に一度は何らかの癌に罹患し,3人に1人が癌で亡くなると言われています。

以前の日本の緩和ケアは,「抗癌治療の継続が不可能になってから,緩和ケアに移行する」という考え方が主流であったため,緩和ケア導入の時期が遅れがちでした。しかし日本でも2007年4月に『がん対策基本法』が発効し,緩和医療を早期から適切に導入することが国の方針として明文化されました。当院でも2008年7月に緩和医療科が発足し,緩和ケア認定看護師や薬剤師と共に院内緩和ケアチームとしても活動しています。

主な診療実績

2016年度

〔緩和医療科入院実績〕
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
新入院 3 3 5 2 1 1 5 3 4 1 1 1
〔原疾患〕
  • 胃癌10例,膵癌5例,肺癌4例,大腸癌4例,乳癌2例,食道癌1例,胆管癌1例,前立腺癌1例,その他2例
〔おもな診療内容〕
  • 症状コントロール入院:21名(疼痛8名,呼吸困難3例,嘔吐1例,食欲不振2例,意識障害3例,全身倦怠感1例,体動困難1例,乏尿1例,)
  • ターミナルケア入院:10名
〔転帰〕
  • 死亡退院10例,退院後緩和ケア外来継続3例,在宅移行6例,ホスピス転院10例,療養型病院転院1例

診療時間のご案内

総合受付(診療のご予約)06-6458-5821

●外来受付時間診療日程

初診 平日 8:30〜11:30
8:30〜11:00
再診 平日 8:00〜
8:00〜

*再診の患者さまは予約時間までに受付して下さい。
*診察予約時間の変更は平日15:00~17:00の間にご連絡下さい。