1. 関西電力病院ホーム>
  2. 医療関係者さまへ>
  3. 診療科紹介>
  4. 呼吸器外科

医療関係者さまへ

当科の診療について

当科は従来、地元地域の医院、病院の先生方との連携を重視し、愚直に日々の診療に取り組んで参りました。確実な診断に基づいた最も標準的な、患者さんおよびそのご家族が納得しうる治療をおこなうよう努めています。自分や自分の家族が病気になったときにしてもらいたいと思える治療をする。これが我々の基本姿勢です。

地域の皆様に信頼される呼吸器外科であるよう精進していきたいと思います。

肺癌治療では手術を始め、放射線治療、化学療法が三つの柱となっておりますが、患者さんに適した治療法の組み合わせの決定には専門的な知識と豊富な経験が必要です。当科では低侵襲を目指した完全胸腔鏡肺癌手術を主としておりますが、肺癌の根治性を損なわずに肺機能を温存する気管気管支形成術や、周囲臓器の合併切除を伴う拡大手術、肺癌手術に先行して放射線及び化学療法を行う導入療法等も積極的に行っています。

また、関連各科とも連携をよくし、外来化学療法、緩和医療など安心して癌治療を受けることの出来る環境作りを目指しています。

肺癌以外にも他臓器癌からの転移性肺腫瘍、胸腺腫をはじめとする縦隔疾患、自然気胸、結核の後遺症などで起こる膿胸などの良性疾患にも豊富な治療経験をいかし幅広く胸部疾患の治療全般に取り組んでおります。

また、当科の最も大きな特徴として胸腔鏡手術の件数の多さがあげられます。胸腔鏡というテレビカメラを用いて従来の手術法より小さな手術創で手術を行います。従来、肺の手術は開胸術といい、背中から脇腹にかけて(後側方切開)や、脇の下から前胸部にかけて(前方腋下切開)20から30cmの長さで切開し、肋間筋を切開して、場合によっては肋骨を切断して行っていました。現在でもそのように切開して行うのが標準的です。しかし、胸腔鏡というテレビカメラを用いることによって脇腹の3−4cmの切開と補助のための2cm程の2カ所の切開で手術がおこなえるようになりました。胸腔鏡手術といっても従来の開胸術に補助的にカメラを使う方法や、カメラをライト代わりに使う方法もありますが、当科では高解像度ディスプレイに映し出された胸腔内映像を見ながらの手術(完全鏡視下手術)で胸壁の創を小さくできるようにしています。しかしながら、限界もあり、特に、術中出血が生じたときや癌の根治性を損なう恐れがある場合は従来の開胸手術に移行しています。

完全鏡視下肺葉切除術後の手術創

完全鏡視下肺葉切除術後の手術創

主な診療実績

過去5年間(2006-2010年)の手術実績
手術名称
全手術件数 395例(そのうち胸腔鏡手術:263例)
原発性肺癌手術 172例(そのうち胸腔鏡手術:128例)
転移性肺癌手術 20例
縦隔腫瘍手術 18例
膿胸手術 14例

施設認定

  • 日本胸部外科学会指定施設
  • 日本呼吸器外科学会認定修練施設

診療時間のご案内

総合受付(診療のご予約)06-6458-5821

●外来受付時間診療日程

初診 平日 8:30〜11:30
8:30〜11:00
再診 平日 8:00〜
8:00〜

*再診の患者さまは予約時間までに受付して下さい。
*診察予約時間の変更は平日15:00~17:00の間にご連絡下さい。