1. 関西電力病院ホーム>
  2. 医療関係者さまへ>
  3. 診療科紹介>
  4. 消化器外科(肛門疾患・神経内分泌腫瘍)

医療関係者さまへ

当科の診療について

消化器外科では、消化器疾患(食道、胃・十二指腸、小腸、大腸、肛門、肝、胆、膵、脾の病気)やヘルニア(脱腸)などに対する診療を行っています。消化器内科とともに消化器センターとして休日・夜間を通じて専門的治療の提供に努めています。

扱っている疾患は、食道がん、胃がん、大腸がん、膵臓がん、肝臓がん、などの悪性腫瘍や胆嚢結石症、急性虫垂炎、鼠径ヘルニア(脱腸)、痔核・痔瘻などです。悪性腫瘍の治療は最新のガイドラインに沿って進めています。稀な疾患である神経内分泌腫瘍について専門的な治療を行っており、主要施設の一つとして全国の多くの施設と共同して診療にあたっています。肛門外来では短期入院でのALTA(ジオン法)による内痔核の治療を始めました。短期入院をしていただくことで日常生活への負担が少なく、また安心して治療を受けていただけるように工夫をしています。

外科治療と聞けば手術だけと思われがちですが、腫瘍の状態によっては消化器内科と共同して内視鏡と手術を組み合わせた治療を行ったり、腫瘍内科、放射線科と共に抗がん剤治療、放射線治療を行うなど一貫した治療を行っています。他職種合同で定期的に検討会を行い患者さんごとに適切な治療を受けていただけるよう努めています。手術方法に関しては悪性腫瘍、良性疾患ともに病気の状態に応じて積極的に腹腔鏡手術を取り入れるなど低侵襲な治療を目指しています。また、麻酔科と協力して術後の痛みができるだけ少なくなるように工夫をしています。さらに、当院は大阪府がん診療拠点病院の指定を受けています。外来がん化学療法室、緩和ケアチーム、NST(栄養支持チーム)、リハビリテーションなどチーム医療、地域のサポートを受けながら包括的ながん治療を行い、患者さまが病のつらさからできるだけ早く解放され、普通の暮らしを取り戻すことを目標としています。

ご不明の点があれば消化器外科外来までお気軽にお問い合わせください。

主な診療実績

手術件数(2016年実績)
治療 件数
全手術件数 580件(うち全身麻酔414件)
内視鏡下手術 219件
緊急手術 164件
食道亜全摘術 1件(1件)
胃全摘術 13件(3件)
幽門側胃切除術 20件(13件)
その他胃切除術(部分切除、LECSなど) 5件(2件)
結腸切除術 58件(23件)
直腸前方切除術 23件(19件)
直腸切断術 1件(0件)
肝切除術 19件(2件)
膵頭十二指腸切除・膵全摘術 14件(0件)
膵体尾部切除・核出術など 10件(2件)
膵温存十二指腸全切除 2件(0件)
胆のう摘出術・拡大胆嚢摘出術 115件(96件)
脾臓摘出術 1件(1件)
虫垂切除術 54件(48件)
ヘルニア手術 75件(5件)
痔核・痔瘻手術 良性肛門疾患 31件(0件)
その他腹腔・胸腔内手術 79件(26件)
その他(中心静脈ポート留置など) 73件

(括弧内はうち鏡視下手術の件数)

施設認定

  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医制度指定修練施設

診療時間のご案内

総合受付(診療のご予約)06-6458-5821

●外来受付時間診療日程

初診 平日 8:30〜11:30
8:30〜11:00
再診 平日 8:00〜
8:00〜

*再診の患者さまは予約時間までに受付して下さい。
*診察予約時間の変更は平日15:00~17:00の間にご連絡下さい。