先輩メッセージ

夢に向かって頑張るあなたへ

病棟勤務 2011年入職

きめ細やかな教育プログラムがあり、レベルに合わせて様々な研修を受けることができ、スキルアップが図れました。クリニカルラダーの認定を受けるにあたり、自分の看護観を振り返ることで日々の看護につなげることができています。プリセプターになったとき研修に参加することで、他部署との交流や意見交換ができ、後輩の成長に合わせた指導が的確に行えるようになりました。

ICU勤務 2012年入職

治療が優先されるICUでも患者さまやご家族と密に関わり、傾聴することで寄り添う看護の大切さを感じています。患者さまの笑顔でやりがいを感じ、ご家族からの感謝の言葉を頂いたときによいケアができたと実感し成長につながっています。院内のケーススタディで、患者さまが感じている痛みを通して、個々に応じた対応の大切さを学びました。この学びを活かし、ICUでも個別的な痛みのケアができるように日々話し合い看護ケアの質向上に努めています。

病棟勤務 2011年入職

新人の頃は先輩を目標にして、任せていただいたケアをしっかりすることで精一杯でしたが、さまざまなことを経験していく中で少しずつ自分の役割が見えてきました。リーダーシップ研修では看護部長に「人は財」だと教わり、人を育て、みんなで力を合わせて看護を実践する大切さに気づいたことが成長につながりました。

ICU勤務 2012年入職

他院から当院に移り、研修が充実していることに驚きました。特に「がん看護研修」では認定看護師さんから臨床に即した看護を学ぶことができ、自信を持って患者さまと向き合えるようになりました。また、感染管理委員会に参加し、先頭に立って感染管理を行い、スタッフ全員が徹底できるよう日々活動しています。

プリセプター・プリセプティ

プリセプターさんはお姉さんのような心強い存在です プリセプティ 2012年入職

私にとってプリセプターさんは、お姉さんのような存在です。悩みごとがあると一緒に考えてアドバイスをくださるので心強く感じます。できないことだけに目を向けるのではなく、できるようになったことも認めていただき、一緒に喜んでくださるので前向きな気持ちになれるんです。その他にも看護の楽しさや難しさなどたくさんのことを教えていただきました。

看護のやりがいを実感できる指導を心がけています プリセプター 2006年入職

プリセプティさんには、ひとつひとつの看護に根拠があることを理解し、患者さまの生活を踏まえたケアを心がけるよう指導しています。また、看護の楽しさを実感することも大切にしています。日々の成長や患者さまのケアをしている時の笑顔を見ると、自分のことのようにうれしく思います。これからも共に成長できるようがんばりましょう。