看護部理念

看護部長メッセージ

副院長・看護部長 伊藤 惠子

副院長・看護部長 伊藤 惠子

看護部では、理念の実現に向けて職員一人ひとりが、

“看て・観て・魅せる”やさしい看護で安心を提供する

ことをモットーにして、一人ひとりの患者さまの生活を看て、心身の状態を注意深く観察し、魅力ある接遇を実行するように努力しています。看護の専門性をいかし、看護ケアの継続や患者さまのセルフケア能力・QOLの向上を目指した看護を実践するために、体制づくりや環境の整備、なにより新人看護職員研修をはじめとする院内教育に力をいれております。

看護は、人を育み、人を豊かにしてくれる素晴らしい職業です。自分自身の看護観、専門職業人としての人生について、自らが主体となってデザインし実現しようとすることに全病院的にバックアップ体制を整えています。共に、すばらしい看護ケアの実現にむけて歩みましょう。

病院理念

  • 安全で、患者さま中心の病院を目指します。
  • 地域医療との連携を推進し、開かれた医療を行います。
  • 責任と誇りを持って、医療の向上に努めます。

看護部理念

思いやりのある、信頼される看護をめざします。

<行動指針>

  • 患者さまの人権(人々の生きる権利、尊厳を保つ権利、敬意のこもった看護を受ける権利、平等な権利を受ける権利)を尊重します。
  • 患者さまに安全な環境と安心できる看護を提供します。
  • 豊かな心と感性をもち、自己研鑽に努めます。