1. 関西電力病院ホーム>
  2. 患者さまへ>
  3. 部門紹介>
  4. 疾患栄養治療センター

患者さまへ

疾患栄養治療センターについて

当部は、さまざまな疾患の病態に応じた適切な栄養治療を提案していくことを目的としています。入院患者さんの栄養状態の維持や改善をサポートするNST活動、入院・外来におけるテーラーメイドな個別指導や楽しく学べるグループ指導、終末期の栄養サポートなど、院内の医師や看護師や理学療法士などの医療スタッフと連携をとりながら、さまざまな活動を展開しています。また、効果的かつ現実的な栄養治療の確立を目指して臨床研究にも精力的に取り組んでいます。

入院患者さんの栄養管理

患者さんが病気から回復するには、患者さんの栄養状態が大きく影響します。当部では、患者さんの栄養状態の維持や改善を目的として、医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、言語聴覚士、臨床検査技師によるチーム(栄養サポートチーム、NST)を通じて、患者さん一人ひとりに最善の栄養サポートを実施しています。

糖尿病の療養サポート

糖尿病の治療において、食事療法や運動療法はとても大切です。生活習慣を改善することで良好にコントロールいただくことで、糖尿病の合併症を予防もしくは進行を遅らせることが出来ます。当院では、食事内容や運動量など個々の生活習慣を詳細に把握して、現実的かつ効果的な食事療法を個別に考案し、患者さまにとって無理なく実施できるようテーラーメイドなサポートを行っています。

主な取り組み:

糖尿病教育入院、外来における栄養指導

糖尿病治療において、食事療法を守ることはとても大切ですが、継続することに苦労される患者さんもおおいのが現状でしょう。当部では、患者さんの実生活を踏まえ、患者さんやご家族と相談し、嗜好や家庭環境、生活習慣に合わせた食事療法をご提案させていただきます。入院の患者さんには、個別の栄養指導に加え、グループで楽しみながら学ぶ栄養指導を行っています。外来の患者さんには、患者さんの食事内容を伺いながら、個別の栄養指導を行っています。

食事療法と運度療法の連携

運動療法は食事療法と共に、糖尿病の治療においてとても大切な役割をもちます。当部では、医師、理学療法士、健康運動指導士、管理栄養士がチームとなり、栄養・運動療法教室を実施しています。「いつでもどこでもできる運動療法」をコンセプトに、楽しく学べる運動教室を開催しています(毎週火曜日の13時~13時45分)。

糖尿病教室

糖尿病患者さんたちが一緒に集まり、語らい、糖尿病の新たな情報を学ぶ関西電力病院の糖尿病教室をサポートしています。糖尿病教室は、患者さんご本人だけでなくご家族やご友人にもご参加いただけます。

参加方法:

関電みどり会の会員には、糖尿病教室の年間日程と開催前に参加申込書を送付いたします。会員でない場合も主治医や医療スタッフ、院内ポスターなどでご案内しています。

【関電みどり会】

患者さんやご家族、ご友人など、どなたでも入会できます。ご入会いただくと日本糖尿病協会の会員としても登録いただけます。

会費 年間3500円

会員には、日本糖尿病協会が発行する糖尿病情報誌「さかえ」を毎月無料でお届けします。また、関電みどり会会員特典として、年1回、糖尿病患者さんも安心して食べていただけるフランス料理(前菜、スープ、魚もしくは肉、パン、デザート盛り合わせ、ドリンクなどコース料理)の食事会にも参加できます。 参加者からの声例「こんな豪華な料理で○○kcalとは驚きました。」、「糖尿病だと何も食べれないと思っていた。工夫次第で楽しく何でも食べれるのね。」

消化器疾患の療養サポート

食物の消化吸収に関係する胃や大腸、肝臓、膵臓など消化器の異常は、身体の栄養状態に大きく影響します。便秘、下痢、胃潰瘍や潰瘍性大腸炎、クローン病、肝炎や肝硬変、膵炎、胃がんや大腸がんなどの消化器癌など様々な消化器疾患がありますが、日々の食事によって予防や治療、緩和、再発予防を可能にします。当部では、消化器教室を通して、医師や看護師と共に消化器疾患に関する情報を提供いたします。教室開催の案内については随時、主治医や医療スタッフ、院内ポスター等でご案内しています。

終末期のサポート

終末期にある患者さんの生活の質(Quality of Life)を維持、向上するため、当部は多職種からなる緩和ケアチームと協調して、栄養サポートを行っています。定期的にベッドサイドを訪問し、個々の患者さんの症状や嗜好に合わせた食事を提供するなど、患者さんやご家族の食に対する思いに応えられるよう努めています。

疾患栄養学に関する臨床研究

病気の治療において栄養学の果たす役割はきわめて大きいです。代謝状態のことなる様々な疾患において、どのような栄養療法が適切かという点については、依然不明なところが多いのも事実です。当部では、糖尿病をはじめ、さまざまな疾患の病態を理解し、科学的な根拠に基づき、適切な栄養療法を提案すべく、各科医師やコメディカルと一丸となって栄養学的な立場から臨床研究に取りくんでいます。

スタッフ紹介

医師

センター長 浜本 芳之(はまもと よしゆき)矢部 大介(やべ だいすけ)
担当専門分野
  • 糖尿病
  • 代謝・栄養障害
  • 内分泌疾患
所属学会
資格
  • 京都大学 医学博士
  • 日本病態栄養学会(指導医・専門医・NSTコーディネーター)
  • 日本糖尿病学会(学術評議員・指導医・専門医)
  • 日本内分泌学会(専門医)
  • 日本内科学会(総合内科専門医)
  • アジア糖尿病学会
  • 欧州糖尿病学会
  • 米国糖尿病学会

管理栄養士

部長 北谷 直美(きたたに なおみ)北谷 直美(きたたに なおみ)
担当専門分野
  • 糖尿病
  • 代謝・栄養障害
所属学会
資格
  • 日本病態栄養学会(理事・病態栄養認定管理栄養士)
  • 日本糖尿病学会
  • アジア糖尿病学会
  • 日本糖尿病療養指導士認定機構認定 糖尿病療養指導士
室長 真壁 昇(まかべ のぼる)真壁 昇(まかべ のぼる)
担当専門分野
  • 代謝・栄養障害
  • クリティカルケア(非経口栄養療法)
  • NST
  • 褥瘡
所属学会
資格
  • 美作大学客員准教授
  • 日本病態栄養学会(病態栄養認定管理栄養士、がん病態栄養専門管理栄養士)
  • 日本静脈経腸栄養学会(学術評議員、NST専門療法士)
  • 日本褥瘡学会(評議員、教育委員、利益相反委員、褥瘡学会認定師)
  • 日本臨床栄養協会(評議員)
  • 日本メディカルダイエッシャン研究会(評議員)
  • 日本栄養経営実践協会(理事)
  • チーム医療フォーラム(世話人)
  坂口 真由香(さかぐち まゆか)坂口 真由香(さかぐち まゆみ)
担当専門分野
  • 栄養学
  • 医療統計学
所属学会
資格
  • 日本病態栄養学会(病態栄養認定管理栄養士)
  森口 由香(もりぐち ゆか)森口 由香(もりぐち ゆか)
担当専門分野
  • 糖尿病
  • 代謝・栄養障害
  • NST
所属学会
資格
  • 日本病態栄養学会(病態栄養認定管理栄養士)
  • 日本糖尿病療養指導士認定機構認定 糖尿病療養指導士
  • 日本静脈栄養学会(NST専門療法士)
  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会
  • 日本褥瘡学会
  遠藤 隆之(えんどう たかゆき)遠藤 隆之(えんどう たかゆき)
担当専門分野
  • NST
  • 代謝・栄養障害
所属学会
資格
  • 日本病態栄養学会(病態栄養認定管理栄養士、がん病態栄養専門管理栄養士)
  • 日本静脈経腸栄養学会(NST専門療法士)
  • 日本褥瘡学会(ガイドライン策定委員)
  • 日本外科代謝学会
  松本 裕一郎(まつもと ゆういちろう)松本 裕一郎(まつもと ゆういちろう)
担当専門分野
  • 糖尿病
  • 代謝・栄養障害
所属学会
資格
  • 日本病態栄養学会(病態栄養認定管理栄養士)
  • 日本糖尿病療法指導士認定機構認定 糖尿病療法指導士
  • 日本肥満学会
  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会
  • 日本静脈経腸栄養学会
  山本 卓也(やまもと たくや)山本 卓也(やまもと たくや)
担当専門分野
  • 糖尿病
  • 代謝・栄養障害
所属学会
資格
  • 日本病態栄養学会(監事・代議員・病態栄養認定管理栄養士)
  • 日本糖尿病学会
  • アジア糖尿病学会
  • 日本糖尿病療法指導士認定機構認定 糖尿病療法指導士
  • 日本栄養士会 TNT-D認定管理栄養士
  高橋 拓也(たかはし たくや)高橋 拓也(たかはし たくや)
担当専門分野
  • 代謝・栄養障害
所属学会
資格
  • 日本病態栄養学会
  • 日本食品保蔵科学会(HACCP管理者)
  玉城 光平(たましろ こうへい)玉城 光平(たましろ こうへい)
担当専門分野
  • 代謝・栄養障害
所属学会
資格
  • 日本病態栄養学会
  松元 知子(まつもと ともこ)
担当専門分野
  • 糖尿病
  • 代謝・栄養障害
  • 緩和医療
所属学会
資格
  • 日本病態栄養学会(病態栄養認定管理栄養士)
  • 日本糖尿病学会

診療時間のご案内

総合受付(診療のご予約)06-6458-5821

●外来受付時間診療日程

初診 平日 8:30〜11:30
8:30〜11:00
再診 平日 8:00〜
8:00〜

*再診の患者さまは予約時間までに受付して下さい。
*診察予約時間の変更は平日15:00~17:00の間にご連絡下さい。