1. 関西電力病院ホーム>
  2. 患者さまへ>
  3. 部門紹介>
  4. 薬剤部

患者さまへ

関西電力病院では院外処方せんを発行しています

  1. 薬剤部では、患者さまに安心してお薬を服用していただくために、必要な情報収集に努め、医師、看護師と常に連携を密にして、医薬品が適正に使用され、質の高い効率的な薬物療法への寄与を目指しています。
  2. 院外処方せんの内容不備などに関する問合せは、保険調剤薬局からの疑義照会で対応し、『患者さまのお薬に対し、安全・安心な調剤』に必要な情報を積極的に対応しています。
  3. 特に、休薬(薬を飲まずに身体の体調を整える期間)が必要な内服抗がん剤の処方に対して、医療機関である保険調剤薬局と投与計画書(内容;『本人への病名告知の状況欄を追加』『投与量・投与スケジュール、投与開始日・終了予定日・処方日数のほか、朝・夕などの開始時間も指定』、『残薬・途中中止確認欄を追加し残薬数も記入』)の共有化を行ない、安心して服用できるように連携を行っています。
  4. 院外処方せんでの『ジェネリック薬品の対応』は、主治医、薬剤部および保険調剤薬局でも良いので申し出てください。関西電力病院は、患者さまの要望に対し積極的に対応したいと考えています。
  5. なお、一般外来では、一部の特殊な薬(検査薬、身体障害者一級の方など対象)を必要とする患者さまを除いて、原則院外処方せんをお渡ししてかかりつけ保険調剤薬局で薬を受け取っていただいています。

【医療提供施設用 薬剤部紹介参照(下記)】

入院の調剤と救急時間帯の調剤について

  1. 入院の調剤と救急時間帯の調剤については、祝日・夜間も含めて薬剤師による当直(24時間)体制を取っています。
  2. 入院処方及び休日・夜間の救急外来処方に対して、用法・用量・投与期間や併用薬のチェックを行い患者さまに正しく服用していただけるように、薬剤師によるわかりやすい説明と薬の説明書を提供しています。

おくすり窓口(1F薬剤部)

  1. 入院受付を済ました患者さまの持参していただいたお薬を鑑別し入院時のオーダまで行っています。その際に、外来でのお薬を一度整理する事ができます。必要なお薬は、そのまま継続指示で服用していただきます。最終的には、薬剤師がオーダした内容を主治医が確認し、現状の病気と現病態を確認した上で、最終オーダを行います。入院時の迅速な対応と安全性を重視するために医師との協働作業を行っています。
  2. 外来患者さまのお薬の相談窓口としても活用しています。

注射薬の交付について(注射薬調剤)

  1. 注射薬の調剤は、2003年より自動アンプル払出し機(写真1)と病棟配薬カート(写真2)を導入し患者さま毎の個人セット渡しを実施しています。注射処方せんの内容について、投与量、投与速度、投与期間を確認して、患者さまごとにボックスに入れ、カートを使って病棟に払い出しを行っています。
  2. 院内感染対策より、感染制御専門医師との協力体制を築き、一部抗菌剤の使用について調査することで感染対策(耐性菌の防止対策)に貢献しています。
(写真1)自動アンプル払出し機(左)カート(写真2)病棟配薬カート(右)

(写真1)自動アンプル払出し機(左)カート(写真2)注射薬病棟配薬カート(右)

2013年より新規の機械を購入し、注射薬病棟配薬カートのトレーには患者さまごとに名前を印字するシステムを導入し安全対策を強化しました。

入院患者さまへの「お薬の説明」について(入院服薬指導)

  1. 入院患者さまに対して、主治医からの依頼を受けた病棟担当薬剤師により、お薬の説明書を使って効果や使用上の注意、副作用などをわかりやすく説明させていただきます。
  2. 入院時のお薬説明は、服用方法や服用状況の確認をすることにより、患者さまの服用に関する理解度を高めること(コンプライアンスの向上)を目的とした活動を、患者さまの病室にお伺いして行います。
  3. そのほかに、患者さまが飲まれている薬(当院以外でもらっている薬も含む)の副作用や飲み合わせの確認を行い、副作用の発現防止に努めています。
    (お知らせ)患者さまの病室での『お薬の説明』による『個人情報の漏洩』が気になる方は、担当薬剤師に相談してください。別室にて『お薬の説明』を行います。

入院患者さまの持参薬の確認

  1. 入院の際の薬の飲み合わせに関して確認し、患者さまに安心にて薬物療法が行われるようにするために、現在服用中の薬と入院期間中に使用する薬の併用についての確認を取れる方法として、薬剤部にて持参薬の錠剤鑑別を実施しています。
  2. 各病棟に薬剤師を配置し、病棟担当薬剤師にて持参薬の錠剤鑑別を実施し、すべての患者に対し医療安全対策上行っています。その際に、外来でのお薬を一度整理する事ができます。必要なお薬は、そのまま継続指示で服用していただきます。最終的には、薬剤師がオーダした内容を主治医が確認し、現状の病気と現病態を確認した上で、最終オーダを行います。入院時の迅速な対応と安全性を重視するために医師との協働作業を行っています。
  3. 内容は、他の病院でもらっているお薬の中で、入院の際に「現在服用しているお薬(14日分程度)」を持ってきていただき、薬剤部にて成分・薬効を確認する作業および用法・用量の確認をしています。
  4. 入院の際だけ一包化が必要な患者さまに対しては、持参薬に関しても一包化を行っています。
(図)入院患者さまの持参薬の確認後にオーダし、医師に情報提供。<br />
			持参薬を鑑別する際に服用薬の整理ができます。年々増加傾向です。

(図)入院患者さまの持参薬の確認後にオーダし、医師に情報提供。
持参薬を鑑別する際に服用薬の整理ができます。年々増加傾向です。

医薬品の管理について

医薬品が適正にかつ安全に使用されるために、保管方法・有効期限などのチェックを毎月行っています。また、手術室の医薬品の管理を薬物個人受け用カート(写真4)にて毎日チェックを行い、手術に必要な医薬品を整備しています。

(写真4)薬物個人受け用カート(左)各トレイの医薬品(右)

(写真4)薬物個人受け用カート(左)各トレイの医薬品(右)

抗がん剤および高カロリー輸液の調製

近年の薬の開発により、抗がん剤に対してあらかじめわかっている副作用には、薬を事前に投与することにより副作用(骨髄抑制、嘔吐、倦怠感など)をできるだけ予防し、外来でのがん治療を行うことのできる環境となってきました。当院では、入院でのがん治療以外にも、設備を整えた外来化学療法室を設置し、外来通院にて各種のがん治療を行っています。

  1. 外来・入院での注射薬抗がん剤は、薬剤師にて正確かつ安全に安全キャビネットにて調製を行っています(写真5)。主治医の指示により、入院・外来での抗がん剤や制吐剤などのお薬の説明(副作用、注意点)を行い、チーム医療の一環を担っています。
  2. 抗がん剤における曝露についての説明書を作成し、入院・外来患者さまに対し説明を行い、パンフレットを配布しています。
  3. 患者さま個々の栄養状態にあわせた輸液(高カロリー輸液)の調製は、感染予防対策の観点から無菌室(内クリーンベンチ)にて調製を行っています。
(図)抗がん剤の点滴注射は、入院から外来にシフトして増加している。

(図)抗がん剤の点滴注射は、入院から外来にシフトして増加している。

(写真5)外来化学療法室も病床数を増床し、外来化学療法室内にある調剤室の安全キャビネットにて薬剤師が抗がん剤の調製(上写真)。また、医師、看護師、薬剤師が協力チーム体制で患者さまにパンフレットを充実させ、説明をしています(下図)。

(写真5)外来化学療法室も病床数を増床し、外来化学療法室内にある調剤室の安全キャビネットにて薬剤師が抗がん剤の調製(上写真)。また、医師、看護師、薬剤師が協力チーム体制で患者さまにパンフレットを充実させ、説明をしています(下図)。

(図)高カロリー輸液の調製は、薬剤部内無菌調製室にて薬剤師が調製。新病院移転に伴い、ICUの増床などにより高カロリー輸液の調製件数が増加傾向(平成25年は9月現在)。

(図)高カロリー輸液の調製は、薬剤部内無菌調製室にて薬剤師が調製。新病院移転に伴い、ICUの増床などにより高カロリー輸液の調製件数が増加傾向(平成25年は9月現在)。

医薬品情報の管理について

医薬品を効率的にかつ安全に使用するために、新薬についての情報、現在使用している薬品の副作用、使用方法などについての情報を収集し、医師、看護師など医療スタッフに伝達しています。院内ではイントラネットを使用し、院内のパソコン(オーダリング)から検索する事ができるシステムが採用されています。また、福島区薬剤師会に対し毎月の採用医薬品、院外専用医薬品などの情報提供をしています。

【医療提供施設用 薬剤部紹介参照(下記)】

薬-薬連携

原則的には、すべての患者さま対象に院外処方せんをお渡しして、かかりつけ保険調剤薬局で薬を受け取っていただいています。保険調剤薬局と抗がん剤の投与計画などの共有化により、患者さまの安全対策に寄与しています。また、4ヶ月ごとに病院内の医師・薬剤師を主体とした勉強会を開催し薬-薬連携の強化を図り、患者さまが安心して薬物療法が受けられる環境づくりをしています。

【医療提供施設用 薬剤部紹介参照(下記)】

【入会学会】

  • 日本病院薬剤師会
  • 日本医療薬学会
  • 日本化学療法学会
  • 日本環境感染学会
  • 日本薬学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本循環器学会
  • 日本病態栄養学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本TDM学会
  • 日本臨床救急医学会
  • 日本静脈経腸栄養学会
  • 日本褥瘡学会
  • 日本緩和医療薬学会
  • 日本臨床腫瘍学会
  • 日本腎臓病薬物療法学会
  • 日本結核病学会
  • 日本くすりと糖尿病学会
  • 日本高血圧学会
  • 日本医薬品情報学会

【その他役員会】

  • 日本病態栄養学会(学術評議員、NST委員会)
  • 日本くすりと糖尿病学会(ネットワーク委員会、教育推進委員会 認定制度委員会副委員長)
  • 大阪府病院薬剤師会
    (理事、病棟薬剤業務推進実行委員会委員長、薬事制度委員会委員、公衆衛生委員会委員)

【世話人研究会】

  • 大阪感染制御薬剤師研究会(代表世話人、事務局)
  • 関西POS研究会
  • 大阪がん薬物治療研究会
  • 京都薬薬学連携症例検討会
  • 大阪抗菌薬倶楽部
  • 関西循環器薬剤師研究会(世話人代表、事務局)

【専門・認定薬剤師一覧】

  • 感染制御専門薬剤師;1名
  • 感染制御認定薬剤師;2名
  • 抗菌化学療法認定薬剤師;2名
  • がん薬物療法認定薬剤師;1名
  • 緩和薬物療法認定薬剤師;2名
  • 栄養サポートチーム専門療法士;1名
  • 近畿ブロックがん薬物療法認定薬剤師;1名
  • 糖尿病療養指導士;3名
  • 認定薬剤師;1名
  • 日本薬剤師研修センター実務実習指導薬剤師;4名
  • 認定NST研修履修者;4名
  • 日本薬剤師研修センター認定薬剤師;5名
  • スポーツファーマシスト;1名
  • 結核・抗酸菌症登録エキスパート;1名

診療時間のご案内

総合受付(診療のご予約)06-6458-5821

●外来受付時間診療日程

初診 平日 8:30〜11:30
8:30〜11:00
再診 平日 8:00〜
8:00〜

*再診の患者さまは予約時間までに受付して下さい。
*診察予約時間の変更は平日15:00~17:00の間にご連絡下さい。