1. 関西電力病院ホーム>
  2. 患者さまへ>
  3. 診療科紹介>
  4. リハビリテーション科

患者さまへ

当科の診療について

当院では、ICU(集中治療室)から回復期リハビリテーション病棟まで一貫した治療概念に基づくリハビリテーション医療を提供しております。

患者さまの個々の状態に対応できるよう理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を配置し、早期リハビリテーションの実施や回復期リハビリテーション病棟の365日体制を整えております。

また、院内外を問わずチーム医療を重視し、他職種はもちろん地域とも積極的に連携することにより患者さまの円滑な在宅復帰を支援しております。

人員構成

医師 2名、理学療法士 34名、作業療法士 18名、言語聴覚士 7名

施設基準

運動器リハビリテーションⅠ、脳血管疾患等リハビリテーションⅠ、呼吸器リハビリテーションⅠ

心大血管疾患リハビリテーションⅠ、がんのリハビリテーション、回復期リハビリテーション病棟Ⅰ

診療の流れ

当院でのリハビリテーションを希望される方は疾患別に診療科の診察を受けていただく必要があります(例:骨関節疾患であれば整形外科)。各診療科での診察時に、患者さまのご希望があり、医師によるリハビリテーションの必要性があると判断された場合においてリハビリテーション診療が開始となります。(各診療科の診察予約の詳細はこちら

主な診療実績

【平成27年度 患者数】

名称 患者数
総合 82,213名
理学療法 46,146名
作業療法 27,141名
言語療法 8,926名

【平成27年度 疾患別単位数】

名称 単位数
運動器リハビリテーション 27,550
脳血管等リハビリテーション 52,610
呼吸器リハビリテーション 6,218
心大血管リハビリテーション 3,077
がんのリハビリテーション 3,384
摂食機能療法 994
糖尿病運動指導 1,010

【回復期リハビリテーション病棟実績(H27.7.1~H28.6.30)】

名称 単位数
退院患者在宅復帰率 84.8%
在宅復帰退院患者在実数 134
退院件数 158
過去6ヶ月間の退院患者平均在院日数 73.2日
(退院患者の延べ入院日数/退院件数)
日常生活機能評価改善度 52.1%
重症度割合
看護必要度A項目 1点以上 17.8%
看護必要度B項目 10点以上 31.8%
一日の平均リハビリ時間 2.3時間

医師紹介

部長 惠飛須 俊彦(えびす としひこ) 惠飛須 俊彦(えびす としひこ)

  著書(こちらをクリックしてください)

成瀬昭二、恵飛須俊彦、上田聖 外傷性疾患。  中外医学社 神経系のMRI診断 pp230-248, 1990

恵飛須俊彦、成瀬昭二、堀川義治、上田聖、田中忠蔵、梅田雅宏、樋口敏宏 脳における分子拡散強調画像。メジカルビュー社 脳・頭頚部のMRI診断 pp111-117, 1991

成瀬昭二、堀川義治、恵飛須俊彦、上田聖、田中忠蔵、樋口敏宏、梅田雅宏 磁気共鳴法(MRI/S)による脳虚血の診断。  Neurosurgeon  10, pp85-94, 1991

恵飛須俊彦、成瀬昭二、堀川義治、上田聖、田中忠蔵、樋口敏宏、梅田雅宏 Diffusion イメージングとはなんですか。わかりやすく説明してください。 メジカルビュー社 MRI診断の基礎知識Q&A、pp50-52, 1994

田中忠蔵、梅田雅宏、恵飛須俊彦、青木伊知男、福永雅喜 経穴部位のMRI画像 鍼灸最前線ー科学化の現在と臨床の展開 丹沢章八、尾崎昭弘(編):医道の日本社、横須賀、pp.10-11, 1997

田中忠蔵、恵飛須俊彦、梅田雅宏  拡散強調画像と脳灌流画像  脳神経外科の最先端 高倉公朋監修、先端技術研究所(東京) pp.218-222、1999

C. Tanaka, M. Fukunaga, T. Ebisu, M. Umeda, I. Aoki: Clinical application of functional MRI. T. Yoshimoto, M. Kotani, S. Kuriki, H. Karibe, and N. Naksato (Eds.) : Recent advances in biomagnetism: Proceeding of 11th International Conference on Biomagnetism, Tohoku University Press, Sendai, pp. 868-871, 1999

Fukunaga M, Tanaka C, Ebisu T, Umeda M, Someya Y, Aoki I, Watanabe Y, Higuchi T, Naruse S: Clinical application of functional MR imaging localization of the central sulcus. Naruse S (Ed): Ultrafast Magnetic Resonance Imaging,1999, Elsevier, Amsterdam, pp 157-160

Takegami T, Ebisu T, Bito Y, Tanaka C, Hirata T, Onodera Y, Higuchi T, Naruse S, Mineura K: The relationship between decreased apparent diffusion coefficient of water and increased lactate during acute focal ischemia in the rat studied by proton echo planar spectroscopic imaging and diffusion-weighted echo planar imaging. In Naruse S (Ed): Ultrafast Magnetic Resonance Imaging,1999, Elsevier, Amsterdam, pp 201-204

Bito Y, Ebisu T, Hirata T, Takegami Y, Yamamoto Y, Tanaka C, Naruse S: Fast lactate-discriminating spectroscopic imaging using J-coupling in lactate and the broad spectral bandwidth of lipid. In Naruse S (Ed): Ultrafast Magnetic Resonance Imaging,1999, Elsevier, Amsterdam, pp 259-262

Ebisu T, Tanaka C, Umeda M, Fykunaga M, Aoki I, Watanabe Y, Someya Y, Naruse S: Can diffusion-weighted and perfusion-weighted echo planer imaging provide any information about reversibility in inchemic damage? In Naruse S (Ed): Ultrafast Magnetic Resonance Imaging,1999, Elsevier, Amsterdam, pp 195-198

梅田雅宏、田中忠蔵、恵飛須俊彦  MRIの原理と撮像法 基礎から高速撮像まで 現場で役立つ臨床 MRIシリーズ 監修編集 杉村 和朗 メディカルビュー社 pp128-157, 2000

Tanaka C, Ebisu T, Umeda M, Aoki I, Fukunaga M, Watanabe Y, Someya Y, Mori Y, Naruse S. Evaluation and analysis of brain attack using MR functional imaging. Strategic medical science against brain attack. H.Kikuchi (ed), 2002, Springer-Verlag, Tokyo, pp269-292

恵飛須俊彦、森勇樹 動物実験における拡散の適応 脳虚血 よくわかる拡散MRI 青木茂樹 阿部修(編):秀潤社(東京)pp110-113, 2002

恵飛須俊彦、梅田雅宏 動物実験における拡散の適応 てんかん、脳浮腫、脳挫傷 よくわかる拡散MRI 青木茂樹 阿部修(編):秀潤社(東京)pp114-117, 2002

恵飛須俊彦、田中忠蔵 臨床編 脳血管障害 出血 よくわかる拡散MRI 青木茂樹 阿部修(編):秀潤社(東京)pp172-173, 2002

恵飛須俊彦、森勇樹 基礎上級編 動物実験における拡散の適応 脳虚血  青木茂樹 阿部修 増谷佳孝(編)

新版これでわかる拡散MRI 東京:秀潤社; 2005: pp144-146

恵飛須俊彦、梅田雅宏 
基礎上級編 動物実験における拡散の適応 てんかん、脳浮腫、脳挫傷
青木茂樹 阿部修 増谷佳孝(編)
新版これでわかる拡散MRI 東京:秀潤社; 2005: pp147-149

恵飛須俊彦、田中忠蔵
臨床編 脳血管障害 出血 
青木茂樹 阿部修 増谷佳孝(編)
新版これでわかる拡散MRI 東京:秀潤社; 2005: pp218-219

惠飛須 俊彦
MRSの臨床応用 脳の感染性・炎症性疾患 —脳膿瘍を中心として
成瀬昭二、梅田雅宏、原田雅史、田中忠蔵(編)
磁気共鳴スペクトルの医学応用 ーMRSの基礎から臨床までー 東京:インナービジョン; 2012: pp177-182

惠飛須俊彦、小坂恭彦 
出血
青木茂樹、阿部修、増谷良孝、高原太郎(編)
これでわかる拡散MRI 第3版; 秀潤社、2013: pp232-235

尾藤良孝、惠飛須 俊彦
動物実験における拡散の適用: 脳虚血
青木茂樹、阿部修、増谷良孝、高原太郎(編)
これでわかる拡散MRI 第3版; 秀潤社、2013: pp144-145

  英文論文(こちらをクリックしてください)

Ebisu T., Yamaki T., Tenjin H., Kuboyama T., Kobori N., Takashina K., Ishii T., Watanabe S. Rare abdominal complication involving a migrant ventriculo-peritoneal shunt tube. - A case report -. J Kyoto Pref Univ Med 97: 349-354, 1988

Higuchi T., Naruse S., Horikawa Y., Tanaka C., Ebisu T., Yamamoto K., Hirakawa K. Pathophysiological investigation of experimental cerebral ischemia using in vivo 31P-NMR spectroscopy and 1H-MRI. Acta Neurochir(Wien), suppl. 43: 172-176, 1988

Hirakawa K., Naruse S., Higuchi T., Horikawa Y., Tanaka C., Ebisu T. The investigation of experimental brain tumours using 1H-MRI and 31P-MRS. Acta Neurochir (Wien) suppl. 43: 140-144, 1988

Ebisu T., Yamaki T., Kobori N., Tenjin H., Kuboyama T., Naruse S., Horikawa Y., Tanaka C., Higuchi T., Hirakawa K. Magnetic resonance imaging of brain contusion. Surg Neurol 31: 261-267, 1989

Ebisu T., Naruse S., Horikawa Y., Tanaka C., Higuchi T. Nonacute subdural hematoma: Fundamental interpretation of MR images based on biochemical and in vitro MR analysis. Radiology 171: 449-453, 1989

Ebisu T., Odake G., Fujimoto M., Ueda S., Tsuji H., Morimoto M., Sawada T. Neurenteric cysts with meningomyelocele or meningocele. Child's Nerv Syst 6, 465-467, 1990

Tenjin H., Ueda S., Mizukawa N., Imahori Y., Hino A., Yamaki T., Kuboyama T., Ebisu T., Hirakawa K., Yamashita M., Nakahashi H. Positron emission tomographic studies on cerebral hemodynamics in patients with cerebral contusion. Neurosurgery 26: 971-979, 1990Tenjin H., Yamaki T., Nakagawa Y., Kuboyama T., Ebisu T., Kobori N., Ueda S., Mizukawa N. Impairment of CO2 reactivity in severe head injury patients: An investigation using thermal diffusion method. ActaNeurochir (Wien) 104: 121-125, 1990

Naruse S., Aoki Y., Horikawa Y., Tanaka C., Ebisu T., Ueda S., Kondo S., Kiyota T., Hayashi H. Effects of atrial natriuretic peptide on ischemic brain edema evaluated by the proton magnetic resonance method. Brain Edema VIII, Acta Neurochir Suppl. 51: 245-247, 1990

Naruse S., Terai Y., Horikawa Y., Tanaka C., Higuchi T., Ebisu T., Ueda S., Sugahara S., Kondo S., Kiyota T., Hayashi H. Effects of atrial natriuretic peptide on ischemic brain edema evaluated by the proton magnetic resonance method. Brain Edema VIII, Acta Neurochir Suppl. 51: 118-121, 1990

Ebisu T., Naruse S., Horikawa Y., Ueda S., Tanaka C., Uto M., Umeda M., Higuchi T. Discrimination between different types of white matter edema with diffusion-weighted MR imaging. J Magn Reson Imaging 3: 863-868, 1993

Yamaki T., Fujimoto M., Ohmori Y., Imahori Y., Yoshino E, Ebisu T., Ueda S. Cerebral hemodynamics and metabolism in severe diffuse brain injury in chronic stage: positron emission tomography. Recent Advances in Neurotraumatology: 200-203, 1993

Ebisu T., Rooney W.D., Graham S.H., Weiner M.W., Maudsley A.A. N-acetylaspartate as an in vivo marker of neuronal viability in kainate-induced status epilepticus: 1H magnetic resonance spectroscopic imaging. J Cereb Blood Flow Metab 14: 373-382, 1994

Yamaki T., Imahori Y., Ohmori Y., Yoshino E., Hohri T., Ebisu T., Ueda S. Cerebral hemodynamics and metabolism of severe diffuse brain injury measured by PET. J Nucl Med 37: 1166-1170, 1996

Takanashi Y, Yoshikawa K, Iwamoto K, Yoshida Y, Ueda M, Tanaka C, Umeda M, Ebisu T, Fukunaga M, Naruse S, Sato H, Nakajima K. Comparison of functional localization in human visual cortices using MEG and fMRI: a preliminary report. Electroencephalography and Clinical Neurophysiology (suppl.) 47: 59-63, 1996

Fukunaga M., Tanaka C., Umeda M., Ebisu T., Aoki I., Watanabe Y., Higuchi T., Naruse S. Comparison of supplementary motor area activation between simple and complex motor task. Electroencephalography and Clinical Neurophysiology (suppl.) 47: 265-269, 1996

Rooney W.D., Ebisu T., Mancuso A., Graham S.H., Weiner M.W., Maudsley A.A. Metabolic 1H relaxation in normal and hyponatremic brain. Magn Reson Med 35: 688-696, 1996

Ebisu T., Rooney W.D., Graham S.H., Mancuso A., Weiner M.W., Maudsley A.A. MR spectroscopic imaging and diffusion-weighted MRI for early detection of kainate-induced status epilepticus in the rat. Magn Reson Med 36: 821-828, 1996

Ebisu T., Tanaka C., Umeda M., Kitamura M., Naruse S., Higuchi T., Ueda S., Sato H. Discrimination of brain abscess from necrotic or cystic tumors by diffusion-weighted echo planar imaging. Magn Reson Imaging 14: 1113-1116, 1996

Ebisu T., Tanaka C., Umeda M., Kitamura M., Fukunaga M., Aoki I., Sato H., Higuchi T., Naruse S., Horikawa Y., Ueda S. Hemorrhagic and nonhemorrhagic stroke: Diagnosis with diffusion-weighted and T2-weighted echo planar MR imaging. Radiology 203: 823-828, 1997Bito Y, Ebisu T, Hirata T, Takegami Y, Yamamoto Y, Tanaka C, Naruse S. Lactate discrimination incorporated into echo-planar spectroscopic imaging Magn Reson Med 45: 568-574, 2001

Takegami T, Ebisu T, Bito Y, Hirata S, Yamamoto Y, Tanaka C, Naruse S, Mineura K. Mismatch between lactate and the apparent diffusion coefficient of water in progressive focal ischemia. NMR Biomed 14: 5-11, 2001

Ebisu T, Katsuta K, Fujikawa A, Aoki A, Umeda M, Naruse S, Tanaka C. Early and delayed neuroprotective effects of FK506 on experimental focal isvhemia quantitatively assessed by diffusion-weighted MRI. Magn Reson Imaging 19: 153-160, 2001

Aoki I, Tanaka C, Takegami T, Ebisu T, Umeda M, Fukunaga M, Fukuda K, Silva
AC, Koretsky AP, Naruse S. Dynamic activity-induced manganese-dependent contrast magnetic resonance imaging (DAIM MRI). Magn Reson Med 48: 927-933, 2002

Aoki I, Ebisu T, Tanaka C, Katsuta K, Fujikawa A, Umeda M, Fukunaga M, Takegami T, Shapiro EM, Naruse S. Detection of the anoxic deporalization of focal ischemia using manganese-enhanced MRI. Magn Reson Med 50: 7-12, 2003

Ejima Y, Takahashi S, Yamamoto H, Fukunaga M, Tanaka C, Ebisu T, Umeda M. Interindividual and interspecies variations of the extrastriate visual cortex.
Neuroreport 14(12):1579-83, 2003.

Ebisu T, Mori Y, Katsuta K, Fujikawa A, Matsuoka N, Aoki I, Umeda M, Naruse S, Tanaka C. Neuroprotective effects of FK506 on diffusion/perfusion mismatch in transient focal ischemia. Magn Reson Med 51: 1173-1180, 2004

Takeuchi H, Fujita Y, Ogawa H, Shiomi K, Toyokawa Y, Yamamoto T, Furukawa T, Ebisu T. Multiple brain abscess in neonate caused by Edardsiella Tarda. Neurol Med Chir (Tokyo) 49: 85-89, 2009

Inoue Y, Aoki I, Mori Y, Kawai Y, Ebisu T, Osaka Y, Houri T, Mineura K, Higuchi T, Tanaka C. Detection of necrotic neural response in super-acute cerebral ischemia using activity-induced manganese-enhanced (AIM) MRI. NMR in Biomed 23: 304-312, 2010

Goto Y, Taniyama I, Ebisu T, Mineura K
A surgical case of cerebral hemorrhage in a patient with factor XI deficiency
Blood Coagulation and Fibrinolysis 23: 456-468, 2012

Bito Y, Hirata K, Ebisu T, Kawai Y, Otake Y, Hirata S, Shirai T, Soutome Y, Ochi H, Yamamoto E, Umeda M, Higuchi T, Tanaka C
Diffusion-weighted line-scan echo-planar spectroscopic imaging technique to reduce motion artifact in metabolite diffusion imaging. Magn Reson Med Sci 14: 43-50, 2015

Goto Y, Ebisu T, Mineura K.
Ruptured intracranial aneurysm during pregnancy with false-negative computed tomography angiography findings: a case report. Emerg Radiol DOI 10.1007/s10140-015-1306-9, 2015

  和文論文(こちらをクリックしてください)

恵飛須俊彦、小山素麿、相井平八郎 Klippel-Feil syndrome. 滋賀県医師会報 38: 57-62, 1986

内堀幹夫、上田聖、平川公義、福間誠之、恵飛須俊彦、天神博志、日野明彦、久保哲、竹友重信、大島嘉正、堀川義治、矢野一郎、中村公郎、遠山光郎、上口正、山木垂水Meclofenoxate hydrochloride (Proseryl inj. 500) の意識障害に対する効果の検討ー脳血管障害および頭部外傷急性期の投与ー。新薬と臨床 35: 2308-2313, 1986

恵飛須俊彦、成瀬昭二、堀川義治、田中忠蔵、樋口敏宏、平川公義 慢性硬膜下血腫のMRI画像の基礎的解析。 日磁医誌 7: 22-28, 1987

田中忠蔵、成瀬昭二、堀川義治、樋口敏宏、恵飛須俊彦、平川公義、牧壮、大野良興 実験的脳浮腫のMRI像。CT研究 9: 181-187, 1987

富永正志、岩破美智子、藤原巧三、佐藤典子、藤原克彦、吉岡博、沢田淳、楠智一、藤本正人、藤田幸久、恵飛須俊彦 頭蓋内出血をきたしたneuro-cutaneous melanosisの1例, 1988  小児科 29(12): 1455-1458, 1988

恵飛須俊彦、山木垂水、小堀信秀 小脳出血の手術適応と予後。 救急医学 13: 861-866, 1989

山木垂水、中川善雄、小堀信秀、恵飛須俊彦 重症外傷性脳内出血慢性期における塩酸ビフェメラン(セレポート)の使用経験。診療と新薬 26: 423-443, 1989

森本昌史、小谷裕実、西機哲夫、松尾泰孝、辻井久、吉田菜穂子、土井康生、衣笠昭彦、沢田淳、恵飛須俊彦、伏木信次 髄膜瘤を合併した神経腸嚢胞の一新生児例。日本新生児学会雑誌 25(4): 800-804, 1989

成瀬昭二、堀川義治、恵飛須俊彦、上田聖、田中忠蔵、樋口敏宏 特集・MRI診断の拡大・深化 局在スペクトルと化学シフト画像。 月刊新医療 16: 96-102, 1989

成瀬昭二、田中忠蔵、堀川義治、上田聖、樋口敏宏、恵飛須俊彦 特集ー脳のMRI診断 脳病変のMRスペクトロスコピー。 臨床画像 5(12): 108-117, 1989

成瀬昭二、堀川義治、田中忠蔵、樋口敏宏、恵飛須俊彦、上田聖 特集 NMRスペクトロスコピーの臨床応用 NMRスペクトロスコピーの脳腫瘍への応用。 神経内科 32(6) 582-593, 1990

梅田雅宏、田中忠蔵、成瀬昭二、堀川義治、恵飛須俊彦、上田聖 MRS測定の技術的諸問題の検討。 映像情報 22: 953-956, 1990

恵飛須俊彦、成瀬昭二、堀川義治、上田聖、田中忠蔵、樋口敏宏、清水公治、 西村直二郎、岡村昇一、橋本泰司 拡散強調画像の基礎的研究及び臨床応用。 日磁医誌 11(1) 20-28, 1991

恵飛須俊彦、成瀬昭二、堀川義治、上田聖、田中忠蔵、樋口敏宏、梅田雅宏、清水 公治、西村直二郎、岡村昇一、橋本泰司、高橋昌哉、Bernhard Fritz-Zieroth 分子拡散強調MRI画像の脳神経疾患への応用。 脳と神経 43: 677-684, 1991

成瀬昭二、恵飛須俊彦、上田聖 脳神経疾患における分子拡散強調画像。 MEDICAL NOW 3: 9-14, 1991

恵飛須俊彦、成瀬昭二、堀川義治、上田聖、田中忠蔵、梅田雅宏、樋口敏宏、高橋 昌哉、Bernhard Fritz-Zieroth 磁気共鳴拡散強調画像法による脳浮腫の解析。 頭蓋内圧研究会報告集 25-30, 1992

恵飛須俊彦、成瀬昭二、堀川義治、上田聖、田中忠蔵、梅田雅宏、樋口敏宏 臨床応用が期待されるMRI最先端技術 分子拡散画像。 INNERVISION 5: 90-94, 1992

恵飛須俊彦、成瀬昭二、堀川義治、上田聖、田中忠蔵、梅田雅宏、樋口敏宏 特集ー脳の先端MRI診断 Diffusion  臨床画像 8(11): 112-117, 1992

成瀬昭二、恵飛須俊彦、上田聖、清水公治 新器材:脳神経疾患における分子拡散強調画像。 脳神経外科速報 2(1): 85-90, 1992

森俊樹、恵飛須俊彦、吉野英二、堀川義治、山木垂水、上田聖、中村公郎 MRIにて診断された家族性脳内海綿状血管腫と考えられた父子例。 京都府立医大雑誌 103(7): 829-833, 1994

特集 続誰にもわかるMRIー新技術の解説ー 拡散強調画像。 成瀬昭二、恵飛須俊彦、堀川義治、上田聖、田中忠蔵、樋口敏宏、梅田雅宏 画像診断 14(1): 39-49, 1994

堀川義治、成瀬昭二、恵飛須俊彦、徳満拓明、上田聖、田中忠蔵、樋口敏宏、武尾和浩、清水公治 分子拡散強調高速画像法の基礎的検討と臨床評価 日磁医誌 15(5): 166-173, 1995

渡辺勝之、篠原昭二、北出利勝、渡辺康晴、福永雅喜、恵飛須俊彦、田中忠蔵 明治鍼灸大学付属病院脳神経外科における鍼灸治療の実態報告 明治鍼灸医学 17: 33-41, 1995

堀川義治、樋口敏宏、古谷誠一、田中忠蔵、恵飛須俊彦、梅田雅弘 ファンクショナルMRI (fMRI)、拡散強調画像 (Diffusion weighted image)、灌流画像(Perfusion image)成瀬昭二、 MRIでなにがわかるか。第3章 最近の進歩と将来展望。映像情報メディカル、東京、pp. 183-197, 1995

恵飛須俊彦、田中忠蔵、梅田雅宏 脳ドックの時代 季刊東洋医学 2(1): 63-69, 1996

田中忠蔵、梅田雅宏、恵飛須俊彦、青木伊知男、福永雅喜、北村 真 Signa Horizon の使用経験 INNERVISION 11(4):57-60, 1996

田中忠蔵、恵飛須俊彦、梅田雅宏、青木伊知男、福永雅喜、樋口敏宏、成瀬昭二 ディフュージョン/パーフュージョンイメージングの進展:エコープラナー法による臨床応用と問題点 INNERVISION 11(9):35-38, 1996

田中忠蔵、梅田雅宏、恵飛須俊彦、樋口敏宏、成瀬昭二、堀川義治、上田 聖  MRI/MRSの新しい展開:「高速・超高速イメージング」 日本磁気共鳴医学会雑誌 46(33):3-7, 1996

田中忠蔵、恵飛須俊彦、梅田雅宏、北村 真、樋口敏宏、成瀬昭二 EPIを用いた脳血管疾患の診断 映像情報 27(25):23-30,1996

田中忠蔵、梅田雅宏、恵飛須俊彦、青木伊知男、福永雅喜、北村 真、成瀬昭二  EPIの最近の動向 新医療 258(6):46-50, 1996

田中忠蔵、恵飛須俊彦、梅田雅宏  医療と情報システム 季刊東洋医学 2(3):6-9, 1996

青木伊知男、田中忠蔵、福永雅喜、梅田雅宏、恵飛須俊彦  医療と情報システム:コンピュータ・ネットワークの利用 季刊東洋医学 2(3):15-19, 1996

田中忠蔵、福永雅喜、梅田雅宏、恵飛須俊彦、青木伊知男、樋口敏宏、成瀬昭二 ファンクショナルMRI Clinical Engineering 7(11):965-969, 1996

梅田雅宏、田中忠蔵、恵飛須俊彦、福永雅喜、渡辺康晴、青木伊知男、成瀬昭二、樋口敏宏、佐藤博司  1H照射した 31P-MRS および 13C-MRSについて INNERVISION 11(9):92-94, 1996

梅田雅宏、山木垂水、田中忠蔵、恵飛須俊彦、青木伊知男、松浦忠夫、村上陳訓、岩本芳浩、樋口敏宏、成瀬昭二、上田聖 実験的脳挫傷における脳浮腫の検討ーMRI分子拡散強調画像と拡散係数による定性的、定量的解析ー 神経外傷 19: 79-83, 1996

田中忠蔵、福永雅喜、梅田雅宏、恵飛須俊彦 Functional MRIの原理と臨床応用 日本臨床 55 (7): 1660-1665, 1997

成瀬昭二、恵飛須俊彦、田中忠蔵、樋口敏宏、堀川義治、古谷誠一 拡散強調エコープラナー画像 日本臨床 55 (7):1616-1619, 1997

樋口敏宏、福永雅喜、梅田雅宏、恵飛須俊彦、田中忠蔵、成瀬昭二、上田聖 運動負荷と知覚刺激によるfMRI 日本臨床  55 (7): 1688-1693,1997

恵飛須俊彦、田中忠蔵、梅田雅宏、青木伊知男 Diffusion weighted echo planar imagingを用いた臨床応用 日本臨床 55 (7): 1742-1747, 1997

北村 真、田中忠蔵、恵飛須俊彦、梅田雅宏 Cine-mode 3D MRAによる脳の拍動血流動態の観察と血流ベクトルの測定 日本臨床 55 (7): 1757-1761, 1997

田中忠蔵、恵飛須俊彦、梅田雅宏、成瀬昭二 Multi-slice 1H-MRSIによる脳代謝マッピングと脳神経疾患の病態解析 日本臨床55: 1779-1784, 1997

福永雅喜、田中忠蔵、梅田雅宏、恵飛須俊彦、青木伊知男、樋口敏宏、成瀬昭二Functional MRIによる三次元脳機能マッピング 脳と神経 49(10): 905-910, 1997

恵飛須俊彦、田中忠蔵、梅田雅宏、成瀬昭二 中枢神経系における拡散強調画像 日独医報 42(2): 187-197, 1997

梅田雅宏、田中忠蔵、福永雅喜、恵飛須俊彦、染谷芳明、青木伊知男、渡辺康晴、 成瀬昭二、樋口敏宏、上田聖 ファンクショナルイメージングの時代—形態から機能へ−ファンクショナル MRI,MRS− INNERVISION 12(8): 83‐87,1997

梅田雅宏、田中忠蔵、福永雅喜、恵飛須俊彦、染谷芳明、青木伊知男、渡辺康晴、 成瀬昭二、樋口敏宏、上田聖 脳におけるパーフュージョン/ディフュージョンイメージングの動向 INNERVISION 12(9): 34‐37 ,1997

恵飛須俊彦、田中忠蔵、梅田雅宏 Diffusion weighted Echo Planar Imaging;脳梗塞診断への応用とisotropic diffusion- weighted imaging 映像情報MEDICAL 28(25): 101-105, 1997

田中忠蔵、恵飛須俊彦、梅田雅宏 EPIー頭頸部領域での有用性 先端医療  4(6): 22-25, 1997

恵飛須俊彦 Diffusion, perfusion imagingの臨床応用ー脳ー 日磁医誌 18(6): 349-365, 1998

恵飛須俊彦、田中忠蔵、梅田雅宏、福永雅喜、青木伊知男、樋口敏宏、成瀬昭二、上田 聖、佐藤博司 Isotropic diffusion-weighted echo planar MR imagingを用いた脳梗塞急性期・亜急性期の診断 CI研究 20 (3,4): 151-158, 1998

田中忠藏、恵飛須俊彦、梅田雅宏、福永雅喜、成瀬昭二fMRI 画像診断 19(10):1146-1152、1999

中村智実。牧野雅弘、恵飛須俊彦、中瀬泰然、梅田雅宏、田中忠藏、中島健二 頭部MRI拡散強調画像が有用であった延髄内側症候群 脳と神経 51(2): 145-148, 1999

田中忠藏、福永雅喜、恵飛須俊彦、梅田雅宏、青木伊知男、染谷芳明、渡辺康晴 Functiona MRIの基礎と臨床 脳神経外科ジャーナル 9: 497-504, 2000

田中忠蔵、樋口敏宏、恵飛須俊彦、梅田雅宏、福永雅喜、青木伊知男 MRI による脳の機能画像 -BOLD 効果による fMRI 時の局所脳酸素飽和度の検討- 明治鍼灸医学
25: 1-6, 2000

福永雅喜、田中忠蔵、恵飛須俊彦、梅田雅宏、染谷芳明、青木伊知男、渡辺康晴、樋口敏宏、成瀬昭二 機能的 MRI による補足運動野領域の活動の経時的変化に関する検討
認知神経科学 2: 77-80, 2000

福永雅喜、田中忠蔵、梅田雅宏、恵飛須俊彦、青木伊知男、染谷芳明、渡辺康晴、森勇樹、成瀬昭二 脳の functional MRI 日磁医誌 21: 204-216, 2001

福永雅喜, 染谷芳明、松井美詠子、井上典子、服部憲明、澤田徹、田中忠蔵, 梅田雅宏, 恵飛須俊彦, 成瀬昭二 3.0T imaging 日本医学放射線学会雑誌 2003 May;63(5 Suppl):18-22

前田青広, 福永雅喜, 山本洋紀, 田中忠蔵, 恵飛須俊彦, 梅田雅宏, 江島義道: Cornsweet錯視事態におけるヒト視覚野の活動 -fMRI研究,電子情報通信学会技術研究報告 , 25-29, 2003.

前田青広, 福永雅喜, 山本洋紀, 田中忠蔵, 恵飛須俊彦, 梅田雅宏, 江島義道: 輪郭錯視事態におけるヒト視覚野の活動 -fMRI研究-,電子情報通信学会技術研究報告 , 115-119, 2003.

前田青広, 福永雅喜, 山本洋紀, 田中忠蔵, 恵飛須俊彦, 梅田雅宏, 江島義道: メタコントラスト事態におけるヒト視覚野の活動 -fMRI研究-, 電子情報通信学会技術研究報告, 63-66, 2003.

武内勇人、恵飛須俊彦 慢性硬膜下血腫によるKernohan切痕を介したパーキンソン病の1例 公立南丹病院医学雑誌 2005; 8(1): 61-66

藤田智昭、武内勇人、恵飛須俊彦
術前にアシドーシスを認め、開頭術中のマニトール投与によって高カリウム血症、心停止に至った非高齢者くも膜下出血の1例
脳神経外科速報 2006; 16(6): 559-564

武内勇人、藤田智昭、恵飛須俊彦、峯浦一喜
脳アミロイドアンギオパチーを強く疑う脳出血に続発した脳膿瘍の1例
脳神経外科 35(5): 489-493, 2007

尾藤良孝, 平田宏司, 恵飛須俊彦, 河合裕子, 大竹陽介, 平田智嗣, 白猪亨, 五月女悦久, 越智久晃, 梅田雅宏, 樋口敏宏, 田中忠蔵
Diffusion-weighted line-scan echo-planar spectroscopic imagingによる代謝物拡散計測の精度向上
日本磁気共鳴医学会雑誌 2010;30:36-38

恵飛須俊彦
分子拡散情報の脳神経疾患への応用における進歩
公立南丹病院医学雑誌. 2010; 12(1) : 7-18

主な経歴
  • 京都府立医科大学(昭和59年卒業)
  • 済生会滋賀県病院 脳神経外科(昭和62年)
  • 京都府立医科大学附属病院 脳神経外科(昭和63年)
  • 京都府立医科大学附属病院 脳神経外科 大学院 (平成1年)
  • カリフォルニア大学サンフランシスコ校(平成4年)
  • 松下記念病院 脳神経外科(平成6年)
  • 明治鍼灸大学附属病院 脳神経外科講師(平成7年)
  • 明治鍼灸大学附属病院 脳神経外科助教授(平成9年)
  • 公立南丹病院 脳神経外科医長(平成15年)
  • 公立南丹病院 脳神経外科部長(平成17年)
  • 公立南丹病院 統括部長・脳神経外科部長(平成23年)
  • 平成17年4月—23年3月、24年4月-27年3月 京都府立医科大学臨床教授
所属学会
資格
  • 日本脳神経外科学会(専門医)
  • 日本リハビリテーション医学会(専門医)
  • 日本脳卒中学会(専門医)
  • 日本脳卒中の外科学会
  • 日本磁気共鳴医学会
  • 国際磁気共鳴医学会
  • 日本神経外傷学会
  • 北米神経科学学会
  • 日本脳神経外科コングレス
  • 日本脳循環代謝学会
  • 日本脳神経CI学会
  • 日本神経内視鏡学会
  • 日本分子イメージング学会
医長 河﨑 敬(かわさき たかし)
所属学会
資格
  • 日本リハビリテーション医学会(専門医・指導医)
  • 日本体力医学会
  • 日本臨床スポーツ医学会
  • 日本脊髄障害医学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本末梢神経学会
  • 日本障害者スポーツ学会
  • 障害者スポーツ医

技師紹介

技師長
(作業療法士)
宮本 定治(みやもと さだはる)
所属学会
資格
  • 日本手外科学会
  • 日本マイクロサージャリー学会
  • 日本作業療法士協会
  • 日本心臓リハビリテーション学会

その他資格取得者

  • 3学会合同呼吸療法認定士 5名
  • 心臓リハビリテーション指導士 4名
  • がんのリハビリテーション研修会修了者 15名
  • 糖尿病療養指導士 1名
  • BLS受講者 9名
  • ACLS受講者 3名

診療時間のご案内

総合受付(診療のご予約)06-6458-5821

●外来受付時間診療日程

初診 平日 8:30〜11:30
8:30〜11:00
再診 平日 8:00〜
8:00〜

*再診の患者さまは予約時間までに受付して下さい。
*診察予約時間の変更は平日15:00~17:00の間にご連絡下さい。