1. 関西電力病院ホーム>
  2. 採用情報>
  3. 卒後臨床研修プログラム>
  4. 手外科・脊椎外科・整形外科

卒後臨床研修プログラム

手外科・脊椎外科・整形外科

一般目標

  1. 当科の研修期間中に整形外科の診断と治療に関する知識、技術を修得する。
  2. 緊急を要する疾患や外傷の初期診療に関する臨床的能力を修得する。
  3. 慢性疾患患者や高齢患者の治療の要点を修得し、リハビリテーションと在宅医療、社会復帰を計画、指示できる。

具体的目標

  1. 基本的診察法
    1. 骨、関節、筋肉、血管系の診察
    2. 神経学的診察
    3. 関節機能評価、筋力テスト
    4. 関節リウマチの診断と評価
  2. 基本的検査法
    適切に検査を選択、実施または指示し、結果を解釈できる。
    1. 単純X線検査
    2. CT、MRI、核医学検査
    3. 超音波検査
    4. 造影検査(脊髄、関節)
    5. 神経伝導速度、筋電図検査
    6. 細胞診、病理組織検査
    7. 内視鏡検査
  3. 基本手技
    1. 硬膜外注射、関節内注射、腰椎穿刺、後頭下穿刺、ガングリオン穿刺
    2. 固定処置:シーネ固定、ギプス固定、ギプス除去
    3. 骨折、脱臼の徒手整復
    4. 牽引法(包帯、鋼線)
  4. 手術
    1. 皮膚縫合、化膿創の切開、排膿、駆血帯の装着、使用
    2. 移植骨、移植皮膚の採取
    3. 良性軟部腫瘍の切除、良性骨腫瘍の掻爬
    4. 骨折の観血整復(螺子固定、プレート固定、髄内釘固定)
    5. 創外固定
    6. 腱縫合術、弾撥指手術、手根管症候群の手術
    7. 神経剥離術、縫合術
    8. 切断指断端処理、縫合術
    9. 腰椎椎間板ヘルニア摘出、椎弓切除
    10. 人工膝関節置換術
  5. 救急処置
    緊急を要する疾患、外傷に対し適切に処置し必要に応じて専門医の診療を依頼できる。
    1. 開放創、血管、神経の救急処置
    2. 開放骨折の救急処置
    3. 脊椎損傷の救急処置
  6. リハビリテーション
    1. 総合的に問題点を分析、判断しリハビリテーションを計画、指示できる。
    2. 在宅医療チームを調整し在宅医療、社会復帰を計画、指示できる。
  7. 文書記録
    適切に診療録、手術記録、診断書等の文書を作成し、管理できる。

年1回の学会発表を義務づけている。