1. 関西電力病院ホーム>
  2. 採用情報>
  3. シニアレジデント(後期研修) 研修プログラム>
  4. 救急集中治療科シニアレジデント

救急集中治療科後期研修医詳細プログラム

救急集中治療科シニアレジデント

新救急科専門医制度プログラム研修ガイド

プログラムの特徴

  • 基幹病院である関西電力病院は多くの内科専門領域をはじめとする診療科がそろっており、それら専門診療科のバックアップの下で種々の領域の救急疾患を受け入れています。診療科間の垣根も低いため、幅広く学ぶことができる環境です。

関西電力病院における診療科

病床数 400床(うちリハビリ44床)
診療科 28診療科
 内科、循環器内科、消化器・肝胆膵内科、糖尿病・内分泌代謝センター、血液内科、 腎臓内科、呼吸器内科、腫瘍内科、脳神経内科、神経科、消化器外科、乳腺外科、 神経内分泌腫瘍センター、心臓血管外科、脊椎外科・手外科・整形外科、脳神経外科、 リハビリテーション科、呼吸器外科、形成再建外科、皮膚科、泌尿器科、婦人科、 眼科、耳鼻咽喉科、放射線診断科・放射線治療科、麻酔科(ペインクリニック)、 緩和医療科、救急集中治療センター
  • 連携施設は専門性の高い病院から地域医療を担う病院まで多彩な施設がそろっており、医療人として幅広い経験を積むことができます。

関西電力病院を基幹施設とした専門研修連携施設

京都大学医学部附属病院、県立尼崎総合医療センター、大阪市立総合医療センター

プログラムの詳細